プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチ臼井優樹@ユザックです。

 こんにちは。先日、報道のプロフェッショナルと仕事をする機会に恵まれました。それぞれ、担当業務は違うのですが、みなさん一貫して「どうしたらきちんと伝わるか」に集中していました。

 何が伝えたいことなのか。複雑さは無いか。情報が多すぎないか。音声、光の量、物の配置、伝わりやすい言葉など、誰もが「伝わりやすさ」を考えていました。どうしたら理解しやすいか、受け止めやすいか、伝わりやすいか・・。

 我々コーチも、みなさんの前で話す機会をいただくことが多い職業です。いつも、セミナーや研修の前では決まって悩みます。

 「情報量は多い方がいいのではないか。」・・・そうだ!あれも紹介しよう!
 「これだけでは情報量が少ないかもしれない。」・・・なんか足そうかな?
 「でもこれでは多すぎて伝わりづらいかなぁ。」・・・減らすっていってもどれを減らす?

 「できるだけ多くの内容を持って帰ってもらおうという想い」 と、
 「詰め込みすぎて焦点がぼやけないようにしようという想い」 の葛藤があります。

 今回は、報道のプロフェッショナルとの仕事から、本気で「伝える」という意識の高さと、本質に焦点をあてることの重要性を学びました。

 早速、次のセミナーから、「より伝わるためには」と言う意識を高めて望みます!

 具体的には、まず、プログラム(目次)を更に工夫して、話題ごとに「伝えたい内容」に焦点をあてたサブタイトルをつけることから始めます。

○●○ 今日の一言 ○●○
『「伝わる」を意識したコミュニケーションが大切!』

 きちんと伝わるためには、情報を絞り込むことも大切。受け取めやすい情報の形を一緒に考えていきましょう。みなさんはどうしていますか?
スポンサーサイト

コメント

日曜日のセミナーではお世話になりました!
キャンピングカー仲間の河合です★
お邪魔させていただきました!
こちらでもよろしくお願いしますね♪
私も遅ればせながらセミナーの日記を書いてみました。
http://plaza.rakuten.co.jp/gannbareptmama/
今後ともよろしくお願いいたします^^

コメントありがとうございます!

河合コーチ
セミナーにご一緒できてうれしいです。
キャンピングカー、待ち遠しいですね!寝る前にキャンピングカーの中でみんなでワイワイ話すのは、楽しいですよ!普段と違った子供の話しが聞けます!

そういえばキャンピングカーのことは今まで書いていないので、近々書いてみようかな。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/27-364345bf


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。