プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

リーダーにとって、部下や関係者の話を聞くことは大きな役割です。
しかしながら、部下はリーダーに話を聞いてもらっているという意識を持っているかというと、多くの場合、そうではないようです。

有能なリーダーは、そのことに気付いています。そして、私の周りの有能なリーダーは、ビジネス意外で傾聴力を高めることを知らず知らずのうちに実践しています。

特に『音楽』は有効です。

聞くだけでなく演奏するのです。
しかも一人ではなく複数の人数で。

音楽を成り立たせるには、それぞれの演奏者の役割があります。
その役割をきちんと認識し、時には演奏者の性格上の特徴までも考慮にいれながら、音楽を一緒に作り上げていきます。

演奏中、そこには、言葉は存在しません。必死に言葉以外の情報からコミュニケーションを試み、タイミングを合わせ、音調を合わせ、音の大きさを合わせていきます。

人を徹底的に観察し、理解を試み、調和を取るプロセスなのです。

人の多様性を理解して仕事を依頼し、それぞれの役割を認識して全うすることで組織の成果を生み出すビジネスに似ていませんか?

もし、あなたがリーダーで組織の活性化や、部下とのコミュニケーションに課題を抱えているとしたら、コミュニケーションスキルのセミナーに通い始めたり、関連する本を読んでみるのもいいのですが、それと並行して、音楽を始めてみませんか?

すぐには上達しないので大変かもしれませんが、その過程でいろいろなことが理解でき、身につきます。

 なるほど。聞くとはこういうことか。
 なるほど。相手の考えを理解するとはこういうことか。
 なるほど。合わせるとはこういうことか。
 なるほど。教えるとはこういうことか。
 なるほど。チームで作り上げるとは。こんなにも楽しいのか!

などなど、今のあなたに必要な新しい発見が、押し寄せてくることでしょう。

私も、吹奏楽、BigBand Jazz、Jazz、バンドなど様々な活動をさせていただきました。この過程で身に付いた傾聴や人の多様性・役割を認識することは、今、大きな財産となっています。そして、今も吹奏楽団は、大切な学びと癒しの場です。

音楽に限らず、人との関わりの中で何かを作り上げる趣味を持つことは、ビジネスリーダーにとって、とても有益なスキルを提供してくれます。スポーツももちろん大きな効果が期待できますね。

まあ、練習のあとの食事や飲み会がメインになることも少なくないので、あんまりストイックに考えずに、利害関係抜きでたわいも無い話をするひと時を楽しむことも、見逃せない大切な学びと癒しの場
ですね。練習よりもそっちの方が長くなることは大目にみてもらいましょう。

 新しい年になりました。
 是非、何か始めてみませんか?

 そしてそこで得たことを是非お聞かせください!
 応援しています!



○●○ 今日のポイント ○●○


「傾聴力を飛躍的に高めるビジネス以外の方法を試してみよう!」

 大学時代、Jazzざんまいの日々を過ごしていました。BigBandでは、17人で作り上げる迫力ある音楽を、5人のJazzbandでは、それぞれの気持ちを読み合い、濃厚濃密で雰囲気のある音楽を楽しんでいました。

数年年上のテナーサックスのプレイヤーで、とても人の話を聞くことが上手な傾聴の見本のような方がいました。その方と話すのはとても楽しく、いつもニコニコしていて、受け入れてもらえる喜びを感じながら、私ばかりが話していたような気がします。

その方は、若くして病気で亡くなってしまいましたが、奥様から年賀状のやりとりだけは続けさせていただいています。その方を思い出すと、より傾聴力を磨きたいと思うのです。今、少しは近づけたかなと自分を承認しています。まだまだ道半ばではありますが。

 みなさんは、傾聴できていますか?リーダーとして部下との理想的なコミュニケーションについて考えてみませんか?

 穏やかで豊かな生活を!



わからず屋さんの取扱説明書 臼井優樹 著

 身近な「わからず屋さん」に悩む方へのヒントが満載です!

 理解不能な「わからず屋さん」ですが、コミュニケーションのツボを抑えれば、彼(彼女)とのお付き合いはずっと楽になります。

もしかしたら、あなたの優れたパートナーになるかも知れません!

少しでもみなさんの「人間関係の改善」のヒントになればうれしいです!

 著者:臼井優樹
 出版社:毎日コミュニケーションズ
 価格:¥819(税込)

 お求めはこちらからどうぞ!⇒ 『わからず屋さんの取扱説明書』
スポンサーサイト
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 あるオフィスにお伺いした際に、

「誰か、応接にユザックの臼井さんて人が来てるから、お茶だしてくれる?」

 という部下への仕事の依頼の場面に立ち会いました。

ちょっとした仕事ですが、依頼された部下は自分の仕事の手を止めて私にお茶を出してくれることになります。急に言われてうれしいはずがありません。

しかも「誰かって誰だよ。誰でもいいのか?」と思ったに違いありません。知らんふりをした人もいたでしょう。

余裕の無い時の仕事の依頼は、実際こんなものでしょう。ただ、これが続くと、人望もなくなり、いざというときに部下が積極的に手伝ってくれることは望めません。

その行く先が、批判と叱責のパワーマネジメントしか選択できないパワーハラスメントとしての振舞いになっていくのかもしれません。

こんなことを考える時、いつも思い出す大切な人がいます。

 以前の上司なのですが、仕事の依頼の仕方が絶妙なのです。

きっとその上司なら、先ほどのお茶を出してくれた方に、こう依頼していたでしょう。しかも、来客があってからではなく、前もって。

「○○さん、今日10時にユザックの臼井さんという方が来社されます。○○さんに、お茶を出すおもてなしの役割をお願いしたいのですが、お願いできますか?」

「初めての来社なので、おそらく受付とその次に会うであろうお茶を出す人のおもてなしの態度は、この会社の印象を決める大事な瞬間になるでしょう。印象がいいとそのあとの交渉もスムーズに行きます。○○さん、お願いしますね。」

もちろん、毎回こんな回りくどい話は必要ないのですが、二回目からは「大事なお客様だから、お願いしますね」などの声掛けで確認することはとても有効です。

なるほど。この上司の部下への依頼の仕方は『贈り物』に似ているなと思ったものです。


優れたマネジャーは、仕事の依頼もプレゼントにしてしまう。


私の大切な以前の上司は、3つの大事なポイントを踏まえて、仕事の依頼すらも部下へのプレゼントとしていました。




Point1)リーズニング

 その仕事の意味と価値を伝えること


Point2)アクノレッジメント

 その人を信じ、認め、任せること


Point3)エナジャイズ

 上記2つのポイントと共に、心地よさやうれしさといった心の報酬を与え、活力を与えること



実際に、私もその上司から大きな依頼を直接していただいたことがあります。海外転勤を伴う大きなプロジェクトに参加する際のことでした。

 要点を挙げると以下のようになります。

 ・プロジェクトには若い想像力とエネルギーが必要であること。
 ・私が異文化の中ですばやく適応できると感じていること。
 ・私の人生にとって、大きな学びになること。
 ・会社にとって、今後を決定付ける大きな仕事であること。
 ・私が成果をあげると信じて疑わないこと。

私は、感動して奮い立ったことを覚えています。人が活力を与えられ、やる気になる瞬間を自分でも味わうことができました。

このリーダーとしての振舞いを『面倒だ』と感じてしまったようであれば、今は難しくても、心の片隅に置いていただいて、折に触れて少しずつ実践していただければと思います。

上記の3つのポイントを実践できると、実は転勤しても、転職しても、定年して地域社会1年生となっても、もちろん家庭でも、多くの人に受け入れられ、幸せに過ごすことができます。

そうそう、その「大切な上司」は、人望があるあまり定年させてもらえず、今も社長として奮闘しています。そして今も大切なメンターとして、人生のモデルとしてお世話になっています。




○●○ 今日のポイント ○●○


「仕事の依頼を、部下へのプレゼントのつもりで考えよう!」

仕事の依頼もプレゼントも、相手がもらってうれしい贈り方ができるかが大切です。また、それを義務としてではなく、楽しんで考えることができると最高ですね!

 みなさんは、どんな仕事の依頼をしていますか?
 そして、プレゼントと考えた場合、どんな贈り方ができますか?




わからず屋さんの取扱説明書 臼井優樹 著

受け取りやすいコミュニケーションにはコツがあります。どうしたら、相手が受け取りやすいのかを考えずに一方的に話し、人の話は聞かないのが、「わからず屋さん」です。

この本には、身近な「わからず屋さん」に悩む方へのヒントが満載!

理解不能な「わからず屋さん」ですが、コミュニケーションのツボを抑えれば、彼(彼女)とのお付き合いはずっと楽になります。

もしかしたら、あなたの優れたパートナーになるかも知れません!

少しでもみなさんの「人間関係の改善」のヒントになればうれしいです!

 著者:臼井優樹
 出版社:毎日コミュニケーションズ
 価格:¥819(税込)

 お求めはこちらからどうぞ!⇒ 『わからず屋さんの取扱説明書』
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 「お前しかいないのか?しょうがない。じゃあこれやっておいて。」
 「あ、はい・・。」

 先日、ある店舗でこんなやり取りを目撃しました。
 その人の存在ごとの完全否定!
 モチベーションもあったものではありません。

以前、ミスをしたことがあるのかもしれませんが、そんな言われ方をしたら、通常ならミスしないところでも緊張してミスしてしまいそうです。良くない循環ですね。

キツイ言い方をした人は、見たところ、店舗の中ではリーダーと呼ばれる層にいるのでしょう。完全に見下して命令していました。リーダーシップ以前の問題かもしれません。

 「いつもこうなら大変だなぁ。」と感じてしまいました。

その他、「あいつには無理だ」「君には荷が重いね」など、やる気の芽を摘むような言い方をする人は少なくないようです。

このように配慮の足りない人たちは、もしかしたら、さらに上の人たちに、そんな心無い言われ方をして仕事をしてきたのかもしれません。間違ったパワーマネジメントをされ続けてマヒしてしまったのでしょうか。


実際に仕事のハードルが高く、経験や知識、スキルが必要な場合でも、挑戦しなくてはならない新人さんもいることでしょう。そんな時に、

 A)「お前には無理だけど、やるだけやりな!」 と言うか、
 B)「ちょっと大変かもしれないが、頑張ってくれないか?フォロー
   はするから」

 と言うかでは、大きく違います。

 A)「まだまだお前に任せるわけにはいかない!」 と斬って捨てるか、
 B)「まずは、この部分をお願いしてもいいかな?」

 と一部分を任せるかは、大きな違いなのです。上司のセンスがモロに出ます。

Bは、部下の気持ちに配慮しながらも、部下の能力を見極めていることが伝わる言い方をしています。部下の力量に合わせた仕事を依頼したいことが伝わるのです。

 AとBでは、部下のやる気は全く違ってきます。

 それだけでなく、上司に対する信頼感、距離感も大きく変わってくることでしょう。

もし、Aのような受け答えをしてしまっていると感じた場合、是非、肯定的な表現であるBのような受け答えを目指してもらえればと思います。

それができれば、上司やリーダー自身が、通常の業績のほかに、部下との気持ちの良いコミュニケーションと、厚い信頼という素晴らしい成果を手に入れることができることでしょう。




○●○ 今日のポイント ○●○


「力量が不足している部下にこそ、やる気の増す依頼の仕方をしよう!」

能力不足を突きつけるような直球の表現はやめましょう。
一部分からでも、期待をこめて依頼する方針を採れば、もしかしたら能力を超えた結果を残してくれるかもしれません。

何より、やる気と上司への信頼が違ってくるのです。そんな部下がいずれ、大きな結果と共に上司の右腕となってくれるのです。

 みなさんは、部下にどんな依頼の仕方をしていますか?そして、どんな依頼の仕方がしたいですか?

配慮に欠けた物言いをする上司。手ごわいわからず屋さんですね。
そんな上司に困っているあなたに、こんな本はいかがですか?




わからず屋さんの取扱説明書 臼井優樹 著

 身近な「わからず屋さん」に悩む方へのヒントが満載です!

 理解不能な「わからず屋さん」ですが、コミュニケーションのツボを抑えれば、彼(彼女)とのお付き合いはずっと楽になります。

 もしかしたら、あなたの優れたパートナーになるかも知れません!

 少しでもみなさんの「人間関係の改善」のヒントになればうれしいです!

 著者:臼井優樹
 出版社:毎日コミュニケーションズ
 価格:¥819(税込)

 お求めはこちらからどうぞ!⇒ 『わからず屋さんの取扱説明書』
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

「なんでこんなこともできないんだ!」
「なんで売れないんだ!」
「時間通りできない理由を言え!」

部下のミスに直面した時に、上司が発する言葉や質問で、部下のやる気は大きく変わります。

部下を叱るのが上司の役目とばかりに、叱責、怒号の嵐・・・。
部下だってわざとミスをすることは無いと言っていいでしょう。

でもそんな上司だけが悪いのではありません。上司だってそんな怒号を浴びながら頑張って今日まで来たのです。自分がこれまでされてきたように振舞ってしまうのも無理もありません。

大変だったことでしょう。

とはいえ、その時の自分を思い返してもわかる通り、批判・叱責・怒号、後ろ向きの質問では、部下のやる気は期待できません。自信を無くしてしまうこともあります。

そんな時は後ろ向きの質問ではなく、前向きの質問である「肯定質問」を心がけましょう。

後ろ向きの質問
「なんで売れないんだ?」 →売れないという後ろ向きの言葉

前向きの質問
「どうしたら売れると思う?」 →売れるという前向きの言葉

「なんでこんなこともできないんだ?」という質問にも、「どうしたらできそう?」という肯定質問があります。

肯定質問を使うと、部下は今後のことを前向きに考えるようになります。自分自身で考えるようになることで、上司の指示がなくても自発的に行動できる部下が育つことも期待できます。

肯定質問では、上司からの期待やプラスのエネルギーを感じることができます。否定的で批判的な質問のマイナスのエネルギーから開放されるので、やる気が出てきます。

部下のやる気を引き出すことに成功している上司の多くが、この肯定質問を活用していますが、肯定質問を使い続けていくと、部下は、

「この人についていくと自分が成長できる」と感じるようになります。

さらには「この人のためなら」と思って心強い右腕になってくれるかもしれません。

プラスの前向きなエネルギーにあふれた肯定質問で、部下のやる気と成長をサポートしてみませんか?




○●○ 今日のポイント ○●○


「部下のやる気を高める上司は【肯定質問】を活用している!」

 部下の失敗を目にすると、感情的になって否定的な質問をしてしまいがちですが、まずはグッと我慢して、「どうしたら良くなりそう?」「何が変わればできる?」といった前向きな肯定質問に変換してみましょう。

 きっと部下のやる気と成長が期待できますよ!

 みなさんは、前向きな質問ができていますか?



"わからず屋さんの取扱説明書" 臼井優樹 著

理解不能な「わからず屋さん」。でも、「わからず屋さん」とのコミュニケーションのツボを抑えれば、彼(彼女)はあなたの優れたパートナーになるかも知れません。

わからず屋さんに悩むあなたのヒントになればうれしいです。

著者:臼井優樹
出版社:毎日コミュニケーションズ
価格:¥819(税込)
パーソナルコーチ臼井優樹(うすいまさき)です。

図書館で調べものをしていた時のこと。

一時間ほどの空き時間だったため、集中して調べようと決意して図書館に行きました。

必要な文献を数冊手に取り、閲覧席へ。
静かな午後です。

しばらくすると、向かいの席に座っている女性が小さなあくび。
すると連鎖するように、左隣の男性が、声を出しながらの大あくび。

あたたかく、静かな午後ですから気持ちはわかります。

気合い充分で調べものをしている私でしたが、思いがけず大きな影響がありました。

なんだか、やる気が激減したのです!


またまた、向かいの女性があくびしています。

私もなんだかどんよりした気持ちになって、さらにやる気が下がるのを感じました。


これじゃいけない!

と思い直して、席を立ち、文献の貸出し手続きをして外に出ました。

その後、近くの喫茶店で作業を続けることで、なんとかやる気を維持しました。

きっとこの他にも、やる気をそぐ行動はあるのではと思い考えてみると、

・舌打ち
・ため息
・声を出してのあくび
・近くでの居眠り
・大声で話す悪口
・だらだら歩いている姿を見る

など、見たり聞いたりするだけで、やる気を激減させる行動があります。

本人にその意識が無くても、自分を奮起させて仕事に臨んでいる人にとっては、迷惑なことも。

事例は図書館での出来事でしたが、リーダーにとって、これは他人事ではありません。

とはいっても、こんなやる気をそぐような行動をしているリーダーに限って、

「モチベーションを上げるにはどうすれば良いか」
「最近は、部下のやる気が無くて困る」

などと言っていることも少なくありません。

まずは、自分の振る舞いを鏡に映して見るつもりで見つめてみましょう。
どうしても、自分では気付けない人は、同僚に聞いてみるのもいいかもしれません。

みなさんは、職場でやる気をそぐような行動をしていませんか?




○●○ 今日のポイント ○●○



『やる気を激減させる何気無い行動に気をつけよう!』

部下や同僚を鼓舞すること、モチベーションの高揚に努めることは、とても大切なことです。

そして、そのモチベーションをいかに継続してもらい、集中力の満ちた状態で仕事をしてもらうかに、仕事の成果、アウトプットは大きく関わます。

ほんの少しの配慮で、モチベーションダウンを避けられるなら、やる気を激減させる行動に気をつけることは価値のあることかもしれません。

あなたは、やる気が激減する行動に心当たりはありませんか?


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。