プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチ臼井優樹@ユザックです。

 ITコーディネータの会に参加して来ました。今年の初めに技術者向けコーチングセミナーのチャンスをいただいたことがきっかけですが、実は私自身も、テキスト解析をマーケティングに応用するなどの研究を続けていて、情報技術を活用している皆さんの会には、とても興味があります。

 コーチングへの応用としては、クライアントの日記やアンケートをテキスト解析して、より深い理想や、価値観と出会うきっかけとして活用しています。

 さて、参加者のみなさんは、情報技術のコーディネータ役を担う方々で、情報技術+ヒューマンスキルを必要とするお仕事をされています。

 お客様との対話や、コンサルティングの機会が多いため、すでにコミュニケーションがスムーズな方が多いのも印象的です。

 ご自分の会社を経営されている方も多く、その中のお二人からコミュニケーションの大切さを実感しているといったお話をうかがいました。

 まずは、内部統制に関するコンサルティングを中心に活躍されているHさん。ご自身でもコーチングスキルの獲得を目指して訓練中で、自己投資をしながらお仕事にいかされています。

 もうひとかたは、コミュニケーションを通じて人間的魅力を感じてもらうことが、長いお付き合いの仕事につながるといった、実感のこもったお話をしてくれました。特に、

 「顧客企業に長く付き合ってもらうコツはやはり“人”です。」
 「どんなに技術が優れていても、人間的な魅力がないとずっとは使ってもらえない。」

 など、まさに経営者として成功している秘訣をお伺いできました。これは、我々コーチにもとても大切なこと!ドキッとしました!

 今後、原則毎月、ITコーディネータの皆さんの会で、コーチングのショートセミナーを開催していく予定です。代表的なコーチングスキルのご紹介と、短い演習を組み合わせたものを予定しています。あらためてこういう機会をいただいたことをありがたく思っています。

 長時間のセミナーを1回実施するよりも、ショートセミナーを継続的に実施して、コーチングスキルの長期的な活用ができることを期待しています。

○●○ 今日の一言 ○●○
『コミュニケーションスキルを磨いて自分にほれ込んでもらおう!』
どんな仕事でも、人間的魅力は大切であることをあらためて実感しました。コーチングスキルの継続的な学習を通じて、共に魅力的な人を目指していきましょう。
スポンサーサイト
コーチ臼井優樹@yuzacです。

 昨日、コーチングのセミナーに参加してきました。
 無料セミナーということもあってか、非常に多くの方が参加され、その熱意に圧倒されました。

 コーチ型マネジャーについて語る本題とは違う部分で、私にとって大きな収穫がありました。まさにセレンディピティですね。

 上司が自分の360度評価を部下に依頼する際、部下は上司についてのある項目を評価し、フィードバックすることになります。

 例えば、「コミュニケーションが良く取れているか」という項目だとすると、部下は、

・話をする際に目線を合わせていない
・パソコンを打つ手を休めて向き合っていない

 などのフィードバックを返すことになります。

 これは、一見、上司のためのフィードバックですが、もう一つの副産物がありそうなのです。

 それは、上司を評価しフィードバックした内容について、部下が自分でもきちんと守るということ。上記の例で言えば、評価した部下自身が、話をする際には目線をあわせ、パソコンを打つ手を止めてきちんと向き合う、と言うことです。

 なるほど!

 私もコーチであると同時に、上司でもあります。17人の従業員もいます。

 これは使える!と思いました。

 直してもらいたい習慣や、行動について、私の評価と改善を目的としてフィードバックしてもらうことにしました。まずは、挨拶についての評価を集めたいと思います。

○●○ 今日の一言 ○●○
『チャンスは準備された心にやってくる!』
(A Chance Comes Over to a Prepared Mind)

 悩み、考え続けると、ふとした瞬間に、今必要な答えが提示されることがよくあります。今回もそれを強く感じました。
コーチ臼井優樹@ユザックです。

 最近、コーチ仲間や周囲の方々から、アドバイスやフィードバックをいただく機会が多く、とてもうれしく思っています。

 ブログやホームページのアドバイスや、コーチング事業の営業促進などについて、多くの方々から気にかけていただいて、ありがたい限りです。

 中には、ちっと強烈なものもあり、びっくり!!

「臼井さん、あのブログの写真いただけないよ。悪いことした人みたい」
「写真のイメージがよくないよね。コーチなんだからイメージって大切よ」
「本物はもっとマシなのに」(マシって・・。)
「免許証の写真みたい。ちょっとこわいかも」

 う~ん。そうかも・・。

 いくつかの集まりで複数の人達から同じことを言われてしまいました。写真を撮ってくれた人には悪いのですが、早速新しい写真に変更しました。

 あんまり変わらないかもしれないけど・・。ははは。

 今のプロフィールの写真は新しくなっています。今のところ、もう持ち駒はありません!(泣)

 自分ではコンテンツ(記事)のことで頭がいっぱいだったので、気づいていないことも多く、指摘してもらえることはとてもうれしいことでした。

 まぁ、これからも写真でほめられることはなさそうですけど、力強く生きるのだ!!

 みなさん、気にかけていただいて、ありがとうございます。

○●○ 今日の一言 ○●○
「指摘してもらえる関係作りは、自分を磨く鍵である」
 私も、お世話になっている人の「より良くなる可能性」を見つけたら、できるだけ具体的に伝えようと思います。
コーチ臼井優樹@yuzacです。

 今日は、午前中に娘と約束していた本屋さんに行って、午後からコーチ協会埼玉チャプターの定例セミナーに参加してきました。

 埼玉チャプター事務局のみなさんの熱意に感謝です!

 参加するみなさんの意見を、チャプター運営に反映させて、より良くして行こうという姿勢に頭が下がる想いです。お忙しい中ありがとうございます!

 今日のセミナーの前半では、エバリュエーションプラン(評価基準)を意識したコーチングフローについて、エクササイズを交えて講義していただきました。

 ・「セッションのゴールの達成をいかにして確認するのか」 「達成の具体的な評価軸は何なのか」 を意識することで、よりセッション単位のゴールへの思考がフォーカスされること。

 ・きっちりとしたコーチングフローを意識しながらも、クライアントに合わせて、フローから外れて柔軟に進めることも、時には大切であること。

 などを学ぶことができました。

 お相手いただいたコーチは、ペーシングがとても上手で寄り添い感のある方でした。

 ノンバーバルな部分まで含めて、ペーシングしていただいたので、良く見ていただいていることを実感しながらのコーチングセッションでした。

 セミナー後半では「埼玉チャプターに求めるもの」というテーマで、コーチングエクササイズで形式知化したものを、共有しました。

 みなさん、埼玉チャプターから「得たいもの」だけでなく、地域に必要とされる埼玉チャプターのあり方などにも話が及び「事務局のみなさんの熱意が伝わったんだなぁ。」「情熱が広がっていくってこういうことかも」と感じました。

 『情熱を持って、より良くしたいという決意に似た姿勢を見せ、実際にアクションを継続している』ということが情熱をリアルに伝えるのだと実感しました。

 最近、いろいろな場面で、「自分は何ができるか」「自分は何が提供できるか」を考える機会をいただいています。今日もそんな一日でした。自分が何者かを考える機会が多いことは幸せだなぁと感じています。

○●○ 今日の一言 ○●○
『情熱が実行で裏づけされるとその情熱はリアルに伝わる』
 自分で動くことで、情熱が伝わり仲間が集まるとすれば、動かない手はない!
コーチ臼井優樹@ユザックです。

P1000030.jpg

 今日は、幼稚園のお父さん会『プレイリーダー』の2008年度始めの打ち合わせでした。

 プレイリーダーは、子育てに積極的に関わることによって、

 「お父さんができることをもう一度見直して、子供たちに楽しく学んでもらおう!」
 「子供たちに父親の力強さや熱意を伝えていこう」

という取り組みをしているボランティアグループです。

 今回の打合せでは、5月初旬に行なう、バーベキュー大会の係決めや、材料手配の検討、ミニゲームについて、話し合いました。来週は、打合せと買出しなどの準備をする予定です。

 このバーベキュー大会の開催中、プレイリーダーは、自分の子供とは一緒に食べる時間が取れません。裏方作業で大忙しです。

 そのかわり、他のお父さんたちが、プレイリーダーの子供たちの世話をしてくれています。助け合いがあり、とてもうれしい瞬間です。子供たちも慣れたもので、お友達のお父さんの言いつけを守って、安全に調理をしています。

 プレイリーダーの子供たちは、一緒に食べることは出来ないので「ちょっと残念」とは言うものの、父親がプレイリーダーであることを「誇り」に思ってくれているようで、こちらもうれしくなります。

 このプレイリーダーのいいところは、もちろん「子供達のために汗を流して、楽しく学んでもらう場を提供する」ということがメインですが、それ意外にも、「利害関係のない同世代のお父さん達とのネットワークができる」ことや、「お母さん同士も仲良くなる」ということも大きなメリットです。

 同世代で、同じ子供たちを持つ人達のネットワークの一員になることは、子育てにとても参考になります。何より友人が増えるのは楽しいものです。

 こういう場に参加すると、「自分に何ができるか」「自分は何を提供できるか」をセルフコーチング的に考えることになります。私自身は、プレイリーダー8年目の経験を活かして、過去の事例の紹介、失敗談の提供と、ホームページの運営をしています。

 また、今回のバーベキュー大会では、通常の係分担以外に、新メンバーの勧誘を仰せつかりました。

 「プレイリーダーの魅力を短く伝えて、仲間を集めるのには最適」とのことで、うれしい承認を頂きました。「自分が知っている自分の強み」以外に、「他者が知っていて期待している自分の強み」について知ることが出来ることは、何にも変えがたい貴重な学びの場になっています。

○●○ 今日の一言 ○●○
「他者が知っていて期待している自分の強み」を探ろう!
 自分を知る一つの方法として、「人の集まりに飛び込む」ということも、時にはいいかもしれませんね。
コーチ臼井優樹@yuzacです。

 今日、しばらくぶりに某局のディレクター氏にお会いしました。

 さわやかな笑顔で、颯爽と登場された知的イケメンです。

 番組の企画についてのご相談だったのですが、素晴らしい傾聴に『衝撃的な感動!』を受けましたので、是非ご紹介させて下さい。

 ディレクターという職業柄、人から話を聞く機会は多いと思うのですが、

  「話をさえぎらず最後まで聞く」
  「否定的でなく中立な立場で聞く」
  「バーバル、ノンバーバルの両面で興味を表現しながら聞く」

 といった傾聴が自然にできる方です。 我々コーチも、日々訓練を続ける必要のある『傾聴』が、ネイティブに身についているのです。話し手への配慮が素晴らしい!

 そのため、私も話していてとても心地よく、自分の存在そのものを承認していただいたようでした。

 現在の取り組みについての話しながら、今後やりたい事やアイデアが、どんどん湧いてきました。

 またまたエネルギーをいただいてしまいましたね!ありがとうございました!
 何かお役に立てればうれしいです!また、声をかけてください!

 応援しています!

○●○ 今日のひとこと ○●○
 『傾聴は、その人の魅力を倍化する!』 皆さんも傾聴を心がけてみませんか?
臼井優樹が活用しているアセスメント集臼井優樹が活用しているアセスメントリスト

 コーチ仲間からのリクエストで、私が現在活用しているアセスメントについて書いてみます。
→アセスメントとは

 現在、持っているアセスメントは、オリジナルとアセスメントの有料サイトから入手したものを合わせて、約420ぐらい。ファイル数で8つになっています。(左の図を参照下さい)

 印刷してファイリングしただけだと、どこに何があるかわからなくなるので、通し番号とアセスメント名、一言コメント(何に使うのか)を表にして一緒に保管しています。(右の図を参照下さい)

 特に、一言コメントをつけるために、全部のアセスメントを読んでみた経験が、コーチとしての成長に役立っています。

 「これはどう使うのかな?」
 「ちょっとわかりづらいから調べよう」
 「あ、このテーマが必要になったときには、このアセスメントを使おう!」

 私は、クライアントとのコーチングで、自分の専門分野以外のサブテーマが突発的に必要になったときに、大変重宝しています。

 「あれば便利だろうなぁ」と思ったアセスメント集を作ってみて、ちょっとした財産♪のように感じています。今後は、自分でもアセスメントやワークシートをたくさん作っていきたいと思っています。

○●○ 今日のひとこと ○●○
 アセスメントに限らず、「きっとあれば便利だろうなぁ」と思ったら、ちょっと試してみませんか?
朝いち3分コーチング

子供がみんな出かけた後のちょっとした朝の時間。

 妻 「今日のご予定は?」
 私 「○○して、△△して、□□。その後、夜2人コーチング。」

 私 「あなたのご予定は?」
 妻 「洗濯して、掃除して、幼稚園のスイミング参観、帰ってから縫い物の続きかな。」

 これ、実はかなり機能しています。

 自分のコーチとは、セッションの中で週単位のアクションプランをたてていますが、毎日の計画まではできません。

 週の行動計画を、毎日の計画にするのは、自分の役目なのですが、うっかりすると、あいまいなまま一日がスタートすることがあります。

 家内に朝一で予定を聞いてもらうようになってから、仕事をこなせる量は確実に増えています。

 家庭でも、会社でもちょっとした時間でできますので、おすすめですよ!
こんにちは! コーチ臼井優樹@yuzacです。

 なかなか行動を起こせない時、どうしていますか?

 いくつかあると思うのですが、言葉としてアウトプットすることが一番強いと思っています。特に、コーチや友人に宣言することは、かなりの効果を感じています。

 そのほかに、何でもいいから、小さなアクションを始めてしまう、というのもありますよね。今日は、このことについて。

 いつもは掃除なんてあんまりしないのに、大掃除をはじめるとノッてきて、どんどんはかどってしまうという経験はありませんか?

 これをうちでは「大掃除の法則!」と呼んでいます。

 「ごはんだよ~」と呼んでも、「もうちょっと~」という返事。普段ならありえないです。
 「この汚れだけは何とかしたい!」 なんて普段はやらないのに・・。

 やりたくない大掃除でも、小さいアクションを一つ始めてしまえば、あとは頑張ることができました。

 思えば、これまで「更新が大変そう」とか言って、先延ばししてきたブログも書き始めれば、結構楽しい!

 なかなか行動が起こせなくても、ちょっと始めてしまえば、何とかなるかも。最初の一歩が大変なだけなこともあるんですね。

 始めるまでは大変なのに、小さな行動をすることで、大きな行動に結びついたという経験。みなさんはお持ちですか?
コーチ臼井優樹@ユザックです。

 今日もやる気エネルギーを満タンにして、さっき帰って来ました!

 頑張っている人に会うことによって、やる気が満ちること。再確認しました。

コーチ仲間のみなさんありがとう!

 私(臼井)にしかできない「オンリーワンを目指して欲しい」、「ブランド化を目指すべき」という大きなリクエストをいただいたことも、大きな励みになりました。

 予想を越えた大きな要望ですが、割と近い未来しか見ていなかった私にとって大きな視点の変化を与えてくれました。できることから積み上げていきたいと思っています。

 遠方から参加された方、忙しい中参加された方、今回は残念ながら都合で参加できなかった方。みなさんにたくさんのエネルギーをもらいました!

 やる気になっている今のうちに、先伸ばししてきた課題に取組みます!

 ブログも続けます!(ほんと?! うん、ほんと!)

 ありがとうございました!今後、私もみなさんのお力になれることがあればうれしいです!お互い切磋琢磨していきましょう!
コーチ臼井優樹@Yuzacです。

 先日、コーチの研修中に、

「一番エネルギーが充電できるのはどんな場面はですか?」

 という質問がありました。

 いくつもあるのなかで、最もエネルギーが充電できて、モチベーションがあがるのは・・。

 やはり「人に会うこと」。

 頑張っている人と会って、刺激をうけることや、セミナーや研修の講師として受講者のみなさんとお会いすると、ちょっと疲れを感じていたのがうそのように元気になります。

 その効果は特に強くて、1週間ぐらいは持つので、結局ずっとエネルギーを維持することができます。

 人とお会いして、刺激を受け、感謝し感謝されることは、私の大切なエネルギー源です。

 みなさんの、一番エネルギーが充電できる場面はどんな場面ですか?
コーチ臼井優樹@ユザックです。

小さな福祉運動 点字キットと名刺

 先日、コーチの勉強会で知り合ったコーチに、点字キットをご紹介いただきました。早速申し込んでおいたのですが、手元に届いたので、実際に名刺に点字を打ってみました。

 ワクワクして開封したところ、シンプルなキットが入っていました!小さいたこ焼き器みたい!
6つの小たこ焼きでひとかたまりで、これが一文字を表わすようです。

 どうやるの?という疑問は、北海点字図書館のWEBサイトにて解消!とても丁寧に説明されています。まず、点字の仕組みについて理解し、母音と子音を組み合わせて自分の名前を書き出してみました。

 凸部が名刺表面に来るように、裏面からキットを用いて点字を打ってみました。「うすい」で8箇所、「まさき」で10箇所の点を打つことで、名前が表現できました!

 結構楽しい!プチプチつぶすより楽しいかも!勢いで20枚作りましたが、枚数が多くなると大変かも。

 表面から触ってみると!18個の小さな点が、均等な高さで出来ています。触ってみても、点の構成を理解するのはちょっと大変。自分で打った点字でも難しいです。点字になれた方は、これを読み取るのですから、すごい感度です。

 この体験を通して、街の掲示板や自動販売機にはまだ点字が少ないことや、駅前のバス停の点字がはがれかかっていて、使いにくそうなこと、駅前の点字ブロックの上に放置自転車があって危ないことなどに気づきました。これまで意識が低かったこと、自分の意識の範囲が広がったことを感じています。

 名刺に点字を入れる活動を通じて、少しずつであっても、自分の意識の範囲を広げていければと思います。また、名刺交換をさせていただく方にもご紹介できればと思っています。

 この点字キットを紹介してくれたコーチに感謝!
 ありがとうございます!また、次回の勉強会でお会いできることを楽しみにしています。
 コーチ臼井優樹@Yuzacです。
子育てコーチング 漢字練習

 桜が満開の晴れ。風も少なく、私にとって最高にすごしやすい日です。夕方は、まだ冷え込むので、子供達も早めに帰って来ます。

  こんな日は、テレビもゲームも少しおあずけにして、みんなでちょっとお勉強です。

 今日は、漢字の練習でコーチング。

 まずは、 お手本を見ながら漢字を書いてもらいます。

親: 「お手本と比べてみてどう?」

子: 「ちょっとこの線が短い。あと曲がってる。」

親: 「次どうやって書く?」

子: 「まっすぐ、この線と同じぐらいまで長く書く。」 と言って一字書く娘。

親: 「ずっと良くなった!いいね。」 と承認すると、ちょっと嬉しそう。

<一連の流れ>
 1)現状である自分の字と、理想であるお手本との差をきちんと理解したことを確認しました。
 2)理想に近づく様に書くための方針、作戦を聞きました。
 3)そして次の一字を書きます。
 4)良くなった点と、「集中して書いた」などの実行した事実を承認しました。
 5)書いてみた感想と課題を聞きました。
 6)次に書くときの方針、作戦を聞きました。

 その後は、3)から6)を繰り返しています。

 次回以降、このやり方にお互いが慣れてきたら、この一連の流れを1サイクルだけやって、後はしばらく子供にまかせます。

 すると子供は、自分でこの一連の流れを回して行けるようになります。10分~15分経ったら、その場で良くなった(うまくなった)点と、実行した事実について承認しましょう。

 子供が漢字の練習をしている横で、妻は筆ペンの練習をしていました。自分の他にも 誰かが頑張っている姿を見ることは、子供にも大人にも励みになります。ナイスサポート!

 ありがとう。

 嬉しい夜の一時でした。

九段下の桜

コーチ臼井優樹@Yuzacです。

心を揺さぶる風景 九段下の桜

 仕事の打合せ帰りに、市ヶ谷から九段下(東京都千代田区)方面への坂道を歩いていました。沿道の桜並木がとてもきれいです。

 だんだん歩道も人で混み合うようになり、千鳥ヶ淵に。

 そのまま坂を下るとお濠一面に浮かぶ桜!頭上にも咲き誇る桜!

 なんという迫力!感動で鳥肌が立ちました!

 桜の花が舞い、水面に浮かぶ中をボートで楽しむ人々、上から眺める人々、思い思いに写真を撮る人々・・。

 今日、打合せがなければ、この道は通っていません。ありがとうございました!

「これまで、先延ばしにしてきたホームページをきちんと作ろう!」
「気持ちを新たにコーチングに精進しよう!」
「新しいことに挑戦しよう!(実はジャズピアノを狙っているのです。)」

 という強い気持ちになった瞬間でした!

 さあ、春です。みなさんは何を始めますか?

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。