プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチ臼井優樹@yuzacです。

昨年から大学院生のキャリアコーチングを担当する機会をいただいています。
おかげさまで好評のため、今年も継続しているのですが、その中での気づきを書いてみたいと思います。

大学院生は、修士課程、博士課程と進学するたびに研究の専門性が高くなります。

同時に、このまま研究を進め、アカデミックな研究者を目指すか、企業での研究者になるか、もしくはその他の道を探すのか迷う場面が出てきます。

専門性を活かすことにこだわり過ぎて、職につけないこともあるのが現実なのです。

キャリアコーチングのセッションでは、脳適性検査の結果と自由記述文のアンケートを可視化した資料を用いながら、対話をし、気づきを促します。

自分の新たな可能性に気づく人、自分の希望する進路を貫く決意をする人なと様々です。

その中でも、明るくスッキリした笑顔で席を立つことができる人の共通点に気づくことができました。

その共通点とは、「自分の価値軸に気づいた」もしくは、「価値観を再確認できた」ということです。

自分の行動や意思決定に大きな影響を与える価値観が明確になったことで、「この研究をしているのだから、就職はこの業種、職種しかない」という決め付けから開放され、価値観を満たせる業種、職種を探す意欲も芽生えてくるようです。

これまで考えていた進路のまま変更しないことを選択することについても、価値観を見つめて、一度視野を広げてから、再決定する過程を経ることで、確固としたものになるようです。

このすがすがしい取り組みに、今後も関われることをうれしく思います!

○●○ 今日の一言 ○●○

『価値軸を明確にして、価値観に合った進路を探そう!』

就職に限らず、転職にも大切なことだと感じています。細部の希望条件が合わなくても、価値軸を優先することで、ストレスの少ない毎日が送れるかもしれませんね。
スポンサーサイト
コーチ臼井優樹@yuzacです。

都内での対面セッションが終わって、帰りの電車の中で出会ったうれしい光景についてのお話しです。

夕方の帰宅ラッシュ。

乗車扉の近くのつり革につかまる私の前には、若い女性が座っていました。

次の駅に到着。お腹の大きな妊婦さんが乗車してきました。

すると、それに気づいた私の目の前の女性は、何の迷いも躊躇もなく、席を立ち、声をかけ、席をゆずっていました。

(私は妊婦さんに気づいていなかったので、一瞬「ラッキー!」と思って座りそうになりました。危なかった!そして、恥ずかしい!!)

席をゆずった若い女性は、おそらく、「妊婦さんには席をゆずる!」と決めていたのかもしれません。
もしかしたら、妊婦さんに限らず、お年寄りや小さな子供を持つお母さんにも、そうしているのかも。

それほど自然で、流れるような振る舞いでしたので、素晴らしい光景を間近で体験でき、とても晴れやかな気持ちになりました。


○●○ 今日の一言 ○●○

『自分の中で行動のための基準を作ってみよう!』

席をゆずるという小さな福祉活動でも、実際その場になると躊躇することもあるものです。
例えば、「妊婦さんには席をゆずる!」と自分の中で基準を決めておくと、自然と行動できるかもしれません。
コーチ臼井優樹@ユザックです。

以前、夫婦で取り組んでいる相互コーチングについて、ご紹介しました。

最初は、夫婦でコーチング!を通して、家内がリフォームを我慢していたことが判明。原因は集中的な出費に対する不安。

どうすれば、集中的な出費にならなくてすむ?の質問により、なんと、可能な限り自分でやってしまえば、大幅な出費にはならないことに気付いてしまいます!

その後、一ヶ月半が経過し、我妻ながら行動力に驚いています。

DIYリフォーム DIYリフォーム
この左の壁が、右のような腰壁になりました。

DIYリフォーム 
塗装のお手伝いをしてくれました。

DIYリフォーム
漆喰(しっくい)を塗っているところです。

DIYリフォーム
廊下の有効活用として、天井まである本棚(マンガ棚)を作りました。


これまでの家内の行動の記録を、承認、称讚の気持ちを込めて、別なブログを立ち上げましたので、ご紹介します。

DIYリフォーム 素人夫婦が節約リフォームに挑戦!
http://renovate.blog59.fc2.com/

この他、オリジナルの下駄箱、あまった材料での子供のままごとキッチンなど、完成していますので、現在までの進捗を少しずつ記事にして残していきます。

実際の作業のほとんどは、家内が一人でやっています。私は、コーチングを活用したリフォーム計画の明確化、アイデアの創発によって応援しています。

なにより、じっくり考え、いきいきと行動している家内を見ていて、頼もしく、うれしく思っています。


○●○ 今日の一言 ○●○

『好きなことをしているエネルギーが家庭を明るくする!』

今考えると、いろいろなことを我慢しすぎて、よどんだ空気がただよう家庭になっていた気がします。

もちろん、時間やお金の問題があり、条件付き、制限付きですが、それでも好きなことを工夫して取り組んでいけば、明るいエネルギーに満ち溢れた家庭になりそうです!

みなさんは今、我慢していることはありますか?どう工夫したらそれを実現できますか?

体験させてみる

コーチ臼井優樹@ユザックです。

のこぎり、かなづちなど、道具に親しむことも、子ども達が通る道ですね。

危ないと言って体験させないと、いざと言う時、対応ができません。

学校でも習うこともあると思いますが、多くの生徒を少ない先生で指導する授業より、きちんと目の届く範囲で、工作に挑戦させてみることで、いろいろなことに挑戦させてあげることができそうです。

また、子供たちにとっては、制限の少ない自由な工作は、体験する機会が少なく、創造性や、道具の扱い方など、多くの学びになると思います。

ここでは、まず、自由に道具を使わせてみて、困った時に、まず考えを聞いた後にアドバイスをするようにしてみました。

子:このくぎが曲がっちゃって、変だから抜きたいんだけど・・。
父:どんな道具を使うといいかな?

子:ここかな?(かなづちの裏側を指差す。)
父:使ってみようか?

体験で学ぶ

子:こうかな?こうか?あ!こうだ!(向きが違う)
父:やってみな。

子:あれ、抜けないね。
父:おしい感じだね!もう一工夫してみたら。

子:こっち向きかな?
父:お!いい感じ!

子:でも難しいな。

(中略)

父:じゃあ一回やってみるね。
子:そうか、なるほど。やってみる。(きちんと釘が抜けました!)

父:どうだった?
子:こっちの向きのほうが軽く抜けた!(てこが効いていました)

一人始めると、みんなやりたくなるもので、一緒に学ぶといういい連鎖が起こっていました。

体験で学ぶ


途中、手を打ったり、擦り傷を作ったりと、ちょっと痛い体験もありましたが、楽しい夏休みの一コマとして印象に残るとうれしいですね。

○●○ 今日の一言 ○●○

『体験させてみよう!自由な体験を通して楽しみながら考えよう!』

体験させ、自分で気づくのを待つということは、こちらも我慢のいる方法ですが、楽しく自分の知識にしてもらえたようです。
コーチ臼井優樹@yuzacです。

みなさん、楽しく仕事をしていますか?

仕事の喜びは多様ですが、私は、クライアントのみなさんの声の表情が明るくなるととても嬉しくなります。

コーチングセッションの始めと後で、声の表情が変わって明るくなり、気づきとモチベーションにあふれたクライアントのみなさんから感謝の言葉をいただくと、とても幸せな気分になります。

若干、期待に応え続けることに対するプレッシャーがあるものの、これらの刺激が、仕事の楽しみを倍増させてくれます。

○●○ 今日の一言 ○●○

『仕事の楽しみをみなおそう!』

普段当たり前になってしまっていることでも、良く考えてみると、大切な仕事の喜びのひとつかもしれません。

たくさん見つけて仕事の楽しみを増やしませんか?
コーチ臼井優樹@ユザックです。

先日、アクアマリンふくしまに行く機会がありました。

特に今回楽しみにしていたものの一つに、「蛇の目ビーチ」があります。

蛇の目ビーチは、裸足で水に入って生き物に触れる新しい体験型展示です。磯・干潟・砂浜の3つの自然が再現されており、大人にとっても新鮮な驚きがありました。

蛇の目ビーチで学ぶ


潮の満ち引き、小さな波もあり、磯、干潟、砂浜のそれぞれに、住んでいる生き物に触れながら学ぶことができます。

蛇の目ビーチで学ぶ


水槽の中にいる、生き物を見ることも学びですが、同じ空間で足に触れていく魚を感じることは、また違った学びになることでしょう。

蛇の目ビーチで学ぶ


父:蛇の目ビーチどうだった?
 子(小5):楽しかった。
 子(小3):楽しかった。
 子(年中):楽しかったけど、ヒトデ踏みそうだった!

父:どんなことがわかった?
 子(小5):魚が群れで動いていること。
 子(小3):人間が近づくと逃げちゃうこと。
 子(年中):ヒトデを踏むと死んじゃうこと。

父:人間が近づくと逃げちゃう魚をどうやって捕まえているの?
 子(小5):大きな網を組み合わせる。
 子(小3):挟みうちする。
 子(年中):つかまえるぅ。

父:なんで、砂浜と干潟と小さい海が体験できるんだと思う?
 子(小5):住んでる生き物が違うから。いろいろな生き物が見られる。
 子(小3):えら呼吸できるのと、肺呼吸の生き物がいるから。
 子(年中):ヒトデを踏みそうでちょっとやだから。

父:ヒトデ中心のコメントがおもしろいね。
父:いろんなことがわかったみたいだね。また来ようね!

話して聞かせるより、文章を読ませるより、体験させることのほうが、学びを深めるタイプの子供たちがいます。どうやら我が家の子供たちは、体験型が好みのようです。

これまでにない、体験型の展示にありがたみを感じ、水族館をあとにしました。


○●○ 今日の一言 ○●○

『深い学びが得られる方法を見極めて、子育てに活かそう!』

人によって学習を深める方法は違います。タイプを見極め、活かしましょう。
それにしても、体験型の蛇の目ビーチは最高です!


○●○ おまけ ○●○

いつも思うことですが、感想を聞く、どんなことがわかったか聞くというのは、学びを促すためにとても大切なことであると、実感しています。

もし感想を聞かなかったら、気づきについて聞かなかったら、上記のような学びは促せたでしょうか?

体験させるだけでも、学びは多いと思いますが、より多くの学びを促すには、感想や気づいたこと、学びについて聞くことはとても大きな意味を持ちそうです。
コーチ臼井優樹@yuzacです。

先日、母の誕生日に家族で温泉に行きました。

子供たちがチョロチョロしたり、ソフトクリームをこぼしたり、急に「おトイレ」って言われたり。慌ただしいいつもの時間でもありましたが、家族が集まるのはやっぱりいいものです。

温泉で、体が癒されたのはもちろん、無条件で私を受け入れて支えてくれる家族がいることは、とてもうれしい存在そのものの承認でした。

必要以上に深入りしない距離感も絶妙なのかもしれません。

またすっかりリフレッシュして明日も仕事ができそうです。

○●○ 今日の一言 ○●○

『家族が最高の承認を与えてくれると自信を取り戻すことができる!』

そして自分も、家族やお世話になっているみなさんを承認し、自信回復の役に立ちたいと願うのでした。

最近、家族を承認していますか?ほめていますか?

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。