プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチ臼井優樹@yuzacです。

先日、浅草から泉岳寺に向かう電車で、前の座席に、落ち着いた色の綺麗な着物の奥様達が座っていました。

浅草という場所柄もあり、単純に、

「綺麗だなぁ」
「着物はいいもんだなぁ。」

と感じていました。


しばらくすると、そのご婦人方の口調がなんだか激しく、声も大きくなってきました。

そんなに大きな声で話したら周りの人に話しが聞こえちゃう。

う~ん。
聞きたくなかったな。

かなり痛烈な悪口。


このまま話題が変わらないと、最長で泉岳寺まで付き合わされちゃうぞ。

ということで、次の駅で一度降りて車両を変えました。

そこでは座れなかったけど、なんだか「ほっ」として、解放された気持ちになりました。



○●○ 今日の一言 ○●○

『どんなにお洒落でも、話題選びで台無し!』

せっかくのおしゃれ。粋な姿。明るく楽しい話題だったら、より一層お洒落が引き立つかもしれません。

一方、悪口三昧だとしたら、おしゃれには目が行かず、その場から離れたくなります。
せっかくのお洒落も台無しです。

楽しい話題、明るい話題を、たくさん見つけておくのもお洒落の楽しみの1つとして必要かもしれませんね。

最近、どんな楽しいことがありましたか?
そして、誰に話してみますか?
スポンサーサイト
コーチ臼井優樹@ユザックです。

先日、子ども達を連れて、キッザニア東京に行ってきました。

キッザニアは、子ども達がいろいろなお仕事を、楽しみながら体験できる施設です。

街全体が、「3分の2」の子どもサイズですが、お仕事は本格的。
ピザを焼いたり、クレーンを操縦したり、警備員のお仕事もあります。

かなり混んでいましたが、私達は、比較的待ち時間の少なかったお仕事を選んで体験してきました。
但し、大人は見ているだけ。

子ども達は夢中で6つのお仕事を体験し、帰りの電車では、興奮気味に、おもいおもいに感想を語ってくれました。

「テレビ局のお天気キャスターが面白かった。本当は緑の壁の前に立って話したのに、画面ではヨーロッパの街に立っているみたいになってたから。あんな風になってたなんて知らなかった!」
「お仕事で失敗しないように、たくさんルールがあるんだね。」
「次、来る時はハイチュー工場に行きたい!」

と、楽しんでもらうだけでも素敵なことでしたが、いろいろ感じることはあったらしいですね。そして早くも次への期待と計画が始まったようです。

こうして、いろいろな仕事に触れることで、少しでも将来について考える時間が持てたことをとてもうれしく感じました。

私自分は小さいころどうだったかな?そして、今、自分はどうなりたいかな?
そんなことも考えさせてくれる貴重な体験でした。


○●○ 今日の一言 ○●○

『子ども達と将来について語ろう!』

きっかけは、キッザニアに限らずたくさんあります。
折りにふれて話してみると意外な一面も発見できますよ。

ところで、みなさんご自身の将来の夢は何ですか?
想いを馳せるだけでも、行動が変わるかもしれませんよ!

是非、このブログを読んでいただいたことをきっかけに、将来の夢について、今一度考えてみませんか?
コーチ臼井優樹@yuzacです。

先日、子ども(4歳)が入院した時のお話です。

これまで、幸いなことに子ども達は今まで入院したことが無く、初めての入院だったので家内も私も少し心配でした。

4歳児の細い左腕に、点滴の管をさされた状態で、

「こんなのさされちゃって・・」

と、さみしそうに言われると、どうしようも無い自分が、歯がゆいばかりでした。

そんな中、登場した看護士さん。

とても明るく、子ども達全員に気さくに声をかけています。

「少し食べられたね。元気出るよ!」
「お勉強、頑張ってるね!」
「このぬいぐるみ、大好きなんだね。かわいいね。」

明るい笑顔で声をかけてくれています。
優しい配慮にあふれた言葉です。

忙しいにも関わらず・・。

本当に頭が下がります。

あの多忙を極める中で、自分だったら、こんなに優しい配慮ができるかどうか自信がありません。

こんな看護士さん達が、いてくれることを心から感謝しています。


○●○ 今日の一言 ○●○

『忙しい時に優しい配慮ができれば本物!』

忙しい時にも優しい配慮を忘れずに接することができると、必ず相手にも伝わります。

そして、そんな時こそ、その人の真の心遣いが垣間見えます。
『人間力』を感じます。

いつか自分が必要とされることがあれば、全力で支えたいと本気で感じました。
「配慮」は人としての魅力。人を惹きつけ、動かすことのできる魅力ですね。

あなたは、忙しい時に、相手への配慮はできていますか?

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。