プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。パーソナルコーチ臼井優樹@YUZACです。

 今日はご縁があって、恵比寿喫茶の会という、集まりに行ってきました。

 全国喫茶の会は、『少人数で楽しむ大人のゆるコミュニケーション』というコンセプトのお酒なしでお茶をしながら会話を楽しむ会で、恵比寿喫茶の会は、その恵比寿支部です。

 今日は、仕事の都合で恵比寿に行く予定があったので、参加させていただくことに。

 以前、オールアバウトの登録専門家のパーティーで、喫茶長と呼ばれる主催者の方とお会いした時にお誘いいただいたので気になっていたのですが、ついにデビューとなりました。

 初めての参加の方が、僕を含めて6人いたのですが、お隣りさんにも恵まれ、最初から楽しく話せたこともあり、あっという間に2時間が過ぎていました。

 仕事の話や趣味の話で興味は尽きません。

 また、現在、私が仕事でお世話になっている方と、参加者の方が元同僚だったことが判明!世間の狭さを実感したと同時にうれしい驚きでした!

 参加者同士の利害関係が全くなく、ただ楽しく話しをするという機会はあまりないので、思いきり楽しみました。

 そうそう、私が参加している幼稚園のお父さん会『プレイリーダー』もそんな感じ。

 いろいろな役割や肩書きを忘れて、素の自分で勝負するコミュニケーションは、まさに存在承認のシャワーを浴びているような感覚で、なかなか得難いものがあります。
(※存在承認…その人そのものを丸ごと認めること。)

 『ただ会話を楽しむ』ことの価値を教えてくれる素晴らしい機会でした。

 役割や肩書きに縛られたまま定年になり、「わからず屋さん」と呼ばれて、地域社会に溶け込むのが難しいなんてことの無いように、時々、役割や肩書きを忘れて、こんな会に参加し、素の自分を見つめ直すことも大切だなぁと実感したのでした。

 今日の機会をくれた、素敵な喫茶長と、楽しい会話と時間をくれたみなさんに、感謝します。

 みなさんが穏やかで豊かな生活を送れますように!

 ☆全国喫茶の会 会長ブログはこちら
 ☆大袋わかば幼稚園プレイリーダーホームページはこちら


○●○ 今日の一言 ○●○
『時々、素の自分で勝負してみよう。!』

 良い部分もそうでもない部分も、まとめて自分を認めてあげられる大切な時間になりますよ。

●○● わからず屋さんの取扱説明書 臼井優樹著 ●○●
わからず屋さんから解放されよう!
おだやかで豊かな人間関係を手に入れませんか?そのヒントがここにあります。
→ わからず屋さんの取扱説明書 臼井優樹著 マイコミ新書

●○● AllAbout Profile コラム執筆中 ●○●
魅力的なコミュニケーションやリーダーシップなど幅広く分野で、コーチングのエッセンスを活用するヒントをご紹介します!
→ AllAbout Profile 臼井優樹コラム
スポンサーサイト

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です! 今日のテーマは、「行きつけのお店はありますか?」です。ブティック・雑貨屋さん・カフェ・スゥイーツショップ…。現在は、色んな場所に多種多様な素敵なお店が沢山ありますが、ジャンルを問わず、皆さんは、お気に入りで、よく通うようなお店はあります...
FC2 トラックバックテーマ:「行きつけのお店はありますか?」



こんにちは。臼井優樹@yuzacです。

『行き付けのお店』と聞いて、すぐに思い出したのが、スターバックスコーヒーです。

特に郊外にあるスタバをよく利用するのですが、その理由は、仕事が驚くほどはかどるから。

仕事柄、PCでの書き物をすることが多いのですが、締め切りの近い原稿や資料の作成があるときは、必ずといっていいほど利用しています。

ただし、PC作業に付き物のバッテリーの都合もあり、2時間で集中して執筆する必要があります。
そんな時に、大切なのが程度な音と、適度な硬さのイスです。

郊外のスターバックスだと、生徒・学生が少なく、いつでも大人の空間として利用することが可能です。そう。うるさくないのです。音楽もいい感じ。

また、イスもゆったり深々と座れるようなタイプではなく、木製のイスを選び、姿勢を意識しながら座ります。これだと、眠くなることもありません。

それから、適度に人の目があることや急な電話がかかってこないことも、僕にとっては集中力が増す要因になっているようです。

仕事に集中できる環境は人によって様々ですが、職場のデスク以外にも、集中できる『行き付けのお店』を作っておくことは、仕事を効率化する工夫として大切なことかもしれませんね。

○●○ 今日の一言 ○●○

『仕事の効率化のためにも、集中できる「行き付けのお店」を見つけよう!』

そんなお店を見つけると、「ここだ!」とうれしくなります。
また、「コッソリ抜け出す」っていうこと自体も、なんだか楽しくなりますよ。
ただサボっちゃうのはダメですけど・・。

みなさんは、集中できる『行き付けのお店』がありますか?

p.s.早朝のマックもいいですよね!コーヒーおいしいし。

●○● わからず屋さんの取扱説明書 ●○●
わからず屋さんから解放されよう!
おだやかで豊かな人間関係を手に入れませんか?そのヒントがここにあります。
→ わからず屋さんの取扱説明書 臼井優樹著 マイコミ新書

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。