プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 先日、息子がとてもうれしいことがあったらしく、原稿を書いている最中に話しかけてきました。

:「ねーねー。今日ね。すごいことがあったんだよ!あのねー・・」
:「今、仕事しているからちょっと待っててくれない?」
:「そっかぁ。しょうがないね。・・・」
:「ごめんごめん。今聞かせてくれないかな?」
:「いいよ。あのね!・・」

 私は、最初、油断していて息子の話を聞かないところでした。がっかしている息子の顔を見て、ハッ!として軌道修正したのでした。

 ビジネスの現場でもこの話と似たようなことがあったことを思い出したので、ご紹介します。

 隣の部署の担当者と、共同プロジェクトの件で打ち合わせをした際のことです。こちらから用件があってお時間をいただいたので、話を切り出そうとした時、隣の部署の担当者は、とても楽しそうに話し出しました。

 ちょっと急ぎの用件だったので、さえぎって話し出そうかとも思ったのですが、ここでさえぎると、きっと後の話にも気持ちの影響がありそうだと感じたので、最後まで聞くことにしました。

 別のプロジェクトがうまくいった話でしたが、その興奮したエネルギーはすさまじく、どんな困難が目の前に立ちふさがっても、蹴散らす勢いです。聞いているこちらも、つられて「やる気」になってきました。

 もし、相手が話したい気持ちを持っているのにもかかわらず、私たちが「そんなことより私の話を聞いて・・」と言ったらどんな気持ちがするでしょうか。きっと、こちらの話も充分に聞いてくれることはないでしょう。

 相手にとても良いことがあって、とても興奮している場合には、ほんのひと時、話に耳を傾けてみませんか。

「どんなにいいことがあったのか」
「相手にとってどんな意味があるのか」
「いいことが起こったおかげでこれからどうなりそうなのか」
「これからどうしたいのか」

 など、こちらから積極的に質問の言葉をプレゼントするのもいいものです。相手はとても楽しく話してくれるでしょう。

 そして、聞き手である私たちは、相手のプラスのエネルギーを大量に受け取ることができます。楽しく、わくわくしたプラスのエネルギーです。私たちまで元気に、やる気になることでしょう。

 まずは、相手の話を聞きましょう。「話したい!」と思っている相手への配慮です。私たちが話したかったことは、その後でも充分です。




○●○ 今日のポイント ○●○


「楽しげな報告は、自分の話を後回しにしても最後まで聞こう!」

 相手は私たちに聞いて欲しいのです。共感して欲しいのです。そんな関係にあることへの感謝も感じながら最後まで話を聞きましょう。

 そして、相手がさらなる行動に移せるような言葉をプレゼントできたら最高です!

 みなさんは、相手の話をさえぎらずに聞いてあげていますか?

スポンサーサイト
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 「こんにちは臼井さん。お忙しいのにありがとうございます。」

こんな挨拶とさわやかな笑顔で打ち合わせが始まる機会があります。確かに忙しくても、こんな配慮をいただいた方との会話は楽しく、また、発展性のある打ち合わせになることも多いものです。

 みなさんの周りにも、そんな素敵な配慮のできる方がいるのではないでしょうか?みなさんもすでに配慮ができているかもしれませんね。

 コミュニケーションに関する著作の多い、福田健氏は「相手が思わずうなづく話し方」(PHP研究所 刊)の中で、コミュニケーションについて、

私は、コミュニケーションとは、「相手を認識し、理解し、尊重するプロセスである」と考えている


と述べています。

 これまで意識したことの少ない方には、ちょっと慣れないと難しいかもしれませんが、相手を良く見て(聞いて)理解し、相手の状況に配慮することができれば素敵です。

 具体的に簡単なところでいうと、相手が疲れている場合には、こちらから一方的に話すのではなく、

「おつかれ様。大変な時にお時間をいただいてありがとうございます。」

と疲れているという相手の状況に寄り添うことが大切です。

 相手は、こちらの配慮に気づく余裕がないかもしれませんが、もしかすると、気づいて明るい表情になってくれるかもしれません。和やかに話をすることができることもあるでしょう。

 もし相手がこちらの配慮に気づいたとすると、少なくとも私たちは相手のご苦労を知っているというメッセージを伝えることができていることになります。

 誰かが自分の努力を見ていてくれる安心感をプレゼントすることができるのです。

 それから、疲れているという相手の状況に配慮することで、相手だけでなく、こちらの気分も晴れやかになることを感じてください。もしかしたらこれまで感じたことのない意外な発見になるかもしれません。

 相手への配慮。素敵なことですね。
 相手のご苦労を感じ「おつかれさま」の一言からはじめてみませんか?




○●○ 今日のポイント ○●○


「おつかれさま!から相手への配慮を始めよう!」

 相手の状況に合わせた対話を心がけましょう。特に相手が疲れている場合などは、「おつかれさま」のほんの一言であってもうれしいものです。

 みなさんは、対話の相手にどんな配慮をしていますか?

こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

「あの人と話をすると楽しい!」と感じさせる人には、共通の工夫があるようです。それは、意識しているしていないは別として、話し手とそっくりな話し方をしているということ。

ちょっと想像してみてください。

理由があって今日は気分が晴れない話し手が、聞き手であるあなたに話しかけてきました。

●パターンA
相手 :「ねえちょっと聞いてくれる?」(声のトーンは低め)
あなた:「なあに?」(声のトーンは高めで、楽しそう)

●パターンB
相手 :「ねえちょっと聞いてくれる?」(声のトーンは低め)
あなた:「なあに?」(声のトーンは低めで心配そう)

この両者の違いは、その後の会話に大きな影響を与えることになります。

パターンAの場合は、話し手が「う〜ん、後でいいや」となりかねません。

なぜでしょう。

通常のやり取りでは、声のトーンが低めで何か気持ちが晴れないような人に対して、同じように、声のトーンを合わせて会話を始めます。

しかし、聞き手が相手の気持ちのありように気づかなかった場合、

「配慮してもらえていない」
「尊重されていない」

と感じ、会話は始まるどころか、避けられてしまいます。

もちろん、相手が楽しさを爆発させて話しかけてきたときは、こちらも楽しげに受け答えがしたいものです。


「あの人と話をすると楽しい!」と感じさせる人は、

・声のトーン
・話すスピード
・話す間(ま)

を注意深く相手に合わせていることが多いのです。

これにより、相手は安心して会話を続けることができます。正確に言えば、これらができている場合は無意識に会話が継続でき、できていない場合は、会話がスムーズでなくなるといった方が正しいでしょう。

そのほか、相手が使った言葉の言い回しを同じように使うこと、

例えば、

ウェイター:「ライスとパンのどちらにしますか?」
お客様  :「ご飯で。」
ウェイター:「ご飯ですね」

といった具合です。

最近は、お客様が「ご飯で。」と言っているのに「ライスですね」と返す人は少なくなってきましたが、こんな場面に限らず、言葉の表現を合わせる事も大切な要素です。

さらに達人になってくると、話し手の身振り手振りに合わせて、自分の仕草も似てくるようです。

こんな聞き手なら、安心して楽しく会話ができそうです。
私たちも是非、その域に達するように精進したいものですね。




○●○ 今日のポイント ○●○


『相手に合わせた話し方が安心感を与える』

相手に合わせる話し方を「ペーシング」といいます。

このペーシングを実践するコツは、自分の感情のありようはひとまず端に置いておいて、「話し手の感情に寄り添うつもりで話すこと」です。

慣れるまでは、相手の声のトーン、スピードに合わせる事を意識しながら会話をしましょう。

みなさんは、ペーシングできていますか?

できている人は、もう一度意識して会話をして再確認してみましょう。
まだ自信がない人は、是非、次の会話から実践してみてくださいね。

まずは、何に意識をしながらペーシングしてみますか?


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。