プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【売れない時代にモノを売る「営業力強化」10のコツ】

4)しつこいヤツは敬遠される!潔さ(いさぎよさ)を信頼につなげよう!


こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 いつの時代も、何度断っても資料を送りつけたり、電話をしてくる営業担当者がいます。私が何度断っても押しの一手で攻めてくる会社の営業担当者には辟易(へきえき)します。

 お客様の都合やお客様の気持ちが閉じてしまっている状態であることも考えず、ひたすら自分の都合ばかりで営業に来られても迷惑なだけです。

 そんな会社や営業担当者からは、お客様は商品やサービスを買うことはまずないでしょう。

 万一、その商品やサービスが欲しいタイミングになったとしても、恐ろしいことに、他社に依頼することになります。しつこい営業が完全にマイナスになっている状態です。

 それでは、お客様の購買のタイミングが合わない場合、どうしたら良いのでしょうか。




信頼関係を維持することを最優先とする


 タイミングが合わない場合には、お礼を述べて一度仕切りなおしをする方が信頼感が増します。

 もちろん、

 ・現在、課題が無くても将来課題となるかもしれない事柄ついて
 ・いつごろなら商品・サービスが必要となるか
 ・どんな商品・サービスなら必要となる可能性があるか
 ・商品・サービスの改良アイデア、よりよくするには
 ・知り合いで必要そうな人を紹介して欲しいことについて



 など、しつこくならない程度にきちんと情報収集ができてから、少し距離を置きましょう。

 その後、季節の挨拶程度の電話、メールなどは効果的です。新しい商品やサービスがある場合には、きちんと了解を得た上で資料を送るか、持参するといいでしょう。

 すぐに、商品やサービスの購買につながらなくても、長い期間の信頼関係をつむぐことができれば、いずれ、必要になったときに声をかけていただけます。

 また、そのお客様自身は不要な商品・サービスであっても、別のお客様をご紹介いただける可能性も高まります。

 いわゆる『顧客の生涯価値』の考え方です。

 信頼関係ができたお客様の中には、繰り返し購買してくれるお客様もいるでしょう。

 しつこく迫って一度の購買で終わるよりも、絶妙な距離感で信頼関係を維持することの方が、長い期間のお付き合いができ、総合的にみると素晴らしいお客様になっていただけるのです。

 ちなみに、冒頭のしつこい会社からの商品は、私は自分で買うことは一切無いことに加え、人に紹介することも断じてありません。

 その意味でも、『引き際の潔い営業撤退基準』について、会社や営業担当者自身で明確にしておくことが必要ではないでしょうか。




○●○ 今日のポイント ○●○


「しつこいヤツは敬遠される!潔さを信頼につなげよう!」 

しつこいだけでない営業担当者からは、誠意と配慮を感じます。

 これから長期に渡って商品やサービスを購入し、お世話になる営業担当者に対して安心感、信頼感が持てれば、自然と長期的な顧客価値も向上するというものです。

 自分本位でないお客様への配慮を心がけたいものですね。

 あなたは、引き際の良い営業撤退基準を決めていますか?
 それは、お客様がどんな状況、どんな気持ち、どんなタイミングなのでしょうか?

 是非、お客様が気持ち良くお付き合いをしていただけるように、潔い撤退基準を検討してみてください。そのためのコーチングもまた効果的です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/101-5361d590


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。