プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【夫婦円満関係向上プロジェクト】
8)子育てに参加しない夫につける薬

こんにちは!パーソナルコーチの臼井優樹(うすいまさき)です。


先日、コラムを読んでいただいた方からご連絡をいただきました。

お話をうかがうと・・。

M恵さん)うちは夫が仕事の忙しさを理由に、全然というかほとんど子育てに協力してくれないんです。

週末はただ子どもたちと一緒に遊ぶだけ。
宿題も見てあげなければ、よくないことをしても直接叱ることもしない。そのくせ後で私にぐちぐち言うんです。

しつけに全く興味が無いというか・・。
これって良くないですよね?

ご近所の同級生のご家庭の話はちょっと聞きづらくて・・。
それで、先生にご連絡したいと思いまして・・。



臼井)M恵さんとしてはどうなることが理想なんですか?

M恵さん)そうですね・・。
夫は家に帰ってくるとほとんど何もしないで、テレビを見たりパソコンでインターネットをしていたり・・。

理想としては、子どもたちが良くないことをしていたら、きちんと叱ってほしいですし、子どもたちの将来のことも一緒に考えてほしいです。

あ、そうそう、子どもが熱を出しても夫はいつも通りの生活で、パターンを変えないことがあったんです。

イラッとしますよね。
子どもが熱を出している時ぐらい協力してくれてもいいと思うんですけど・・。

(中略)

臼井)ここまで話していかがですか?

M恵さん)え!?ええ・・
ちょっとスッキリしました(笑)

臼井)それは良かったです!
ちょっと話すだけでもスッキリしますよね!
では、もしコーチングを始めるとしたらどんな成果が手に入るとうれしいですか?

半年後のうまくいっているM恵さんを想像してお聞かせいただけますか?


という会話をしている中で、目標が明らかになり、コーチングを継続してみることになりました。
そこで、M恵さんにはハーマンモデル(脳モデル)診断のアカウントをお送りし、受診していただきました。

また、ご主人は、M恵さんの診断結果を見て興味を持ったらしく、ご自身も受診されましたので、お二人とも分析できました。


結果は、

M恵さん:感情を重視し、人の気持ちを理解でき、教育が好きなタイプ、人を支えることが自分の喜びとなるタイプ
夫:自由を優先し、ひらめきが強い直感型、冒険を好むタイプ


臼井)M恵さん、結果をご覧になっていかがですか?

M恵さん)当たってます・・。
特に夫の【直感型】って言うのが笑っちゃいますけどそのままですね。
結構タイプは違うのかもしれません。


臼井)結果を踏まえて、ご主人の行動を考えた場合、何か気づきはありますか?

M恵さん)そうですね・・(沈黙)。
主人は子どもにテンポを合わせることとか、何かを教えることはあんまり好きじゃないかもしれません。

買い物なんかに行っても、自分だけどっか行っちゃいますし・・。
自分の都合で楽しい方を選んでいる気がします。


臼井)なるほど。
それでは子育てが楽しくなるにはどんなことが考えられますか?

M恵さん)そうですね。
スポーツとか体験学習とか、主人も楽しくなるような教育は一緒にやってくれそうですね。
でも、叱ったりなんかはあまりしてくれなさそう。


臼井)お二人で教育するという観点で考えるといかがでしょうか?

M恵さん)そっか・・。
これまで通り私が叱る役をすればいいのかもしれませんね。

夫は奔放でおおらかなので、慰め役とかフォローに徹してもらうのもいいかもしれません。
二人で叱ると子どもは大変ですもんね。

臼井)それは素晴らしいですね!
自分に適した役割分担はありそうです。

M恵さん)でも先生、それでもほったらかしだったらどうしましょう?何か効果的な方法をご存知ですか?


臼井)そうですね。
以前、同じように子育てに参加しないご主人を、なんとか協力的にするには、というテーマでアドバイスしたことがあります。

いくつかありますが、その内の一つとして、先輩の話を聞くっていうことがとても効果がありました。

具体的には子育てを終えられた先輩ご夫婦のお話を伺ったのですが、あの時こうすればよかった、ああすれば良かったなどです。

特に、子育てに関わらなかった夫が、現在子どもとどのような関係になっているのかなど、後悔も含めて生々しくお聞きしました。

ご参加いただいていた若いご夫婦からは、その後夫が子育てに参加するようになったなどの経過をお聞きしています。

その他、子育てに積極的なご主人のいるご家庭との交流を増やすのも効果的かもしれませんね。


M恵さん)なるほど。
友達のご主人は子育てに積極的ですので、交流を増やすのはできそうです。
先輩ご夫婦の話も聞いてみたいですね。

臼井)そうですね。
またいずれ具体的に【子育ての先輩の話を聞く会】を企画してもいいですね。
検討します。


臼井)では、何から始めましょう。

M恵さん)まずは友達の家族とのイベントを計画してみます。
工場見学とかバーベキューとかですね。

臼井)いいですね!
また次週、経過をお聞かせください!
応援しています!

という感じでM恵さんのコーチングは始まりました。
今も続いていますが、毎回のご報告をうかがうと、ご主人の考え方のクセや得意不得意を考えてものを頼むようになってきたと言います。

今後のお二人がますます楽しみです。



○●○ 今日のポイント ○●○

『子育てに積極的でない夫には、その理由があります。』

考え方のクセや得意不得意を考えて役割を考えるのもいいでしょう。

また【ちょっと強めの薬】かもしれませんが、子育てに関わらなかったことで、得られるメリットと失うものをきちんと想像させるために、先輩ご夫婦の経験談をお聞きするのは有効です。




○●○ ご夫婦・カップルのためのハーマンモデル診断のご案内 ○●○

どうして子育てに関心がないの?
どんなことが苦痛なの?
など、お互いをよりよく知るためのハーマンモデル診断を実施しています。
ご興味のある方は是非どうぞ

ご夫婦・カップルのためのハーマンモデル診断


※このコラムは、クライアントのプライバシーに配慮して匿名とし、案件の細部についても若干変更してポイントだけをお伝えしております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/110-bc8acb4f


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。