プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 みなさんは、声の出し方、使い方に気をつけていますか?

 仕事がら、コーチとして電話などでセッションをする際に、情報のやり取りは声のみとなります。

 必然的に相手の声に集中することになるため、私も声の出し方には、非常に注意を払っています。

 お相手となるクライアントのみなさんも、最近はとてもいい声で話される方が多く、私も心地よいセッションをすることができています。

 その度に、声は重要なコミュニケーションツールであり、声の出し方、使い方そのものがコミュニケーションスキルであると実感せずにはいられません。



その人の声には、その人の全人格が現れる。


 日本イメージコンサルタント協会理事長の徳田彌寿子さんは、ご自身の著書の中でこう言い切っています。

 ちょっとドキッとしましたが、確かに、声には、相手への配慮がたくさん詰まっていますね。

 ・聞き取りやすいか。
 ・大きすぎないか、小さすぎないか。
 ・速すぎないか、遅すぎないか。
 ・気分良く受け入れられるか。

 など、相手が受け取りやすいような発声を心がける必要がありそうです。

 まさに、相手のことを配慮できる人かどうかが試される瞬間なのです。

 自分勝手で、一方的な人は、速さも声の大きさも自分の尺度で判断し、相手や、場に応じた声になっていないかもしれません。

 そういう意味では、人柄が現われてしまうというのは当てはまるでしょう。

 聞き手は、話し手の声から自分への配慮を読み取ります。

 そして、聞き手が、「配慮されている」と感じることができれば、

・自分は受け入れられている
・大切にされている
・話し手は配慮ができる人である

 という印象が伝わります。

 逆に聞き手が、話しづらく、「配慮されていない」と感じてしまった場合、話し手の意図、意識に関わらず、

・自分は受け入れられていない
・大切にされていない
・話し手は、配慮ができず、勝手な人である

 というように伝わってしまいます。

 大切なことは、聞き手は、話し手の意図、意識に関わらず、ネガティブな印象を受けとってしまうということ。

 実際には、相手を大切に思う気持ちがあっても、伝わらないことがあるということです。それはもったいないことですね。

 そんな誤解を受けないように、声の出し方、使い方には十分意識されることをお勧めします!

 私も気をつけます。一緒に頑張りましょう。




○●○ 今日のポイント ○●○


『声から配慮が伝わる。ならば良い印象を伝えよう!』

 せっかく相手のことを思って話すのであれば、ネガティブな印象を与えるのは本意ではないと思います。声の出し方、使い方に意識を向けて、良い印象がのこるコミュニケーションを心がけましょう!

 みなさんは、何を意識して実践しますか?


※こちらも是非ご覧ください 臼井優樹ホームページ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/119-d30c3ab1


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。