プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 先日、私のコミュニケーション勉強会に参加していただいた方の中に、とても話しやすい方がいました。

 どうして話しやすいのか考えたところ、その方は、とてもあいづちが上手であることに気づきました。

 バリエーションも豊富で、話すのが楽しくなるほどです。

 適度なうなづきもあり、余計に話がはずんでしまいました。

 特に、上手なのが、「同意のあいづち」と「驚きのあいづち」です。

「同意のあいづち」は、

 ・そうそう
 ・そうなんです
 ・なるほど
 ・確かに

など、話し手の意見、話に同意するもので、話し手としては、「受け入れてもらえた」と感じます。

 タイミングよく、興味を持って「同意のあいづち」をしてくれたら、話はどんどん弾むことでしょう。


 それから、「驚きのあいづち」です。

 ・え!そうなんですか!
 ・知らなかったです。

など、対話の中に新しい気づき、発見があったことを話し手に伝えるあいづちも効果的ですね。

 そのほか、話し手の言ったことをそのまま繰り返すことや、要約、言い換えなどをするあいづちとして、「確認のあいづち」があります。

 また、話の展開を促進する「促しのあいづち」として、

 ・それから?
 ・それでどうなったんですか?

などもあります。

 その他にもたくさんありますが、共通しているのは、聞き手が話を受け取っていることが、話し手に伝わることにあります。

 聞き手がきちんと聞いてくれていることが伝われば、話し手は気持ちよく話を続けることができます。

 前述の方も、様々なあいづちを使い分けながら、話し手が話しやすいように気遣っていました。

 是非、見習いたいものです。




無いほうがマシなあいづちとは


 一方、最近、無いほうがましなあいづちにも遭遇することが多くなってきました。

 特に若い営業マンに多いのですが、軽〜い感じの

「なるほどですね〜」

 というあいづちです。

 全くこちらの話は聞いていません。

 次の営業トークを披露したくて、うずうずしているのが見え見えです。バカにされた気がします。

 もちろん、買う気は全く起こらなくなります。

 電話なら即、切りたいですし、対面なら、お帰りいただくことになるでしょう。

 顧客候補の言葉に耳をかさず、一方的で適当な対応をするぐらいなら、カタログを置いて帰ってくれたほうが、買う可能性が高まりそうなぐらいです。

 不用意なあいづちは、相手との関係を壊すことにもなりかねません。充分な注意が必要ですね。




○●○ 今日のポイント ○●○


『あいづちは対話の潤滑油!上手なあいづちで魅力度アップ!』

 場面に応じて、適切なあいづちができれば、話し手は気持ちよく話を続けることができます。

 きちんと話を聞いてくれることは、話し手が聞き手を信頼する第一歩です。

 みなさんは、話し手に伝わるあいづちをしていますか?そして、より良いあいづちをするためにどんなことができそうですか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/121-ae180159


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。