プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 「こんにちは臼井さん。お忙しいのにありがとうございます。」

こんな挨拶とさわやかな笑顔で打ち合わせが始まる機会があります。確かに忙しくても、こんな配慮をいただいた方との会話は楽しく、また、発展性のある打ち合わせになることも多いものです。

 みなさんの周りにも、そんな素敵な配慮のできる方がいるのではないでしょうか?みなさんもすでに配慮ができているかもしれませんね。

 コミュニケーションに関する著作の多い、福田健氏は「相手が思わずうなづく話し方」(PHP研究所 刊)の中で、コミュニケーションについて、

私は、コミュニケーションとは、「相手を認識し、理解し、尊重するプロセスである」と考えている


と述べています。

 これまで意識したことの少ない方には、ちょっと慣れないと難しいかもしれませんが、相手を良く見て(聞いて)理解し、相手の状況に配慮することができれば素敵です。

 具体的に簡単なところでいうと、相手が疲れている場合には、こちらから一方的に話すのではなく、

「おつかれ様。大変な時にお時間をいただいてありがとうございます。」

と疲れているという相手の状況に寄り添うことが大切です。

 相手は、こちらの配慮に気づく余裕がないかもしれませんが、もしかすると、気づいて明るい表情になってくれるかもしれません。和やかに話をすることができることもあるでしょう。

 もし相手がこちらの配慮に気づいたとすると、少なくとも私たちは相手のご苦労を知っているというメッセージを伝えることができていることになります。

 誰かが自分の努力を見ていてくれる安心感をプレゼントすることができるのです。

 それから、疲れているという相手の状況に配慮することで、相手だけでなく、こちらの気分も晴れやかになることを感じてください。もしかしたらこれまで感じたことのない意外な発見になるかもしれません。

 相手への配慮。素敵なことですね。
 相手のご苦労を感じ「おつかれさま」の一言からはじめてみませんか?




○●○ 今日のポイント ○●○


「おつかれさま!から相手への配慮を始めよう!」

 相手の状況に合わせた対話を心がけましょう。特に相手が疲れている場合などは、「おつかれさま」のほんの一言であってもうれしいものです。

 みなさんは、対話の相手にどんな配慮をしていますか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/123-cff81e96

-

管理人の承認後に表示されます

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。