プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチ優樹です。

 今日は雨のホワイトデー。何買ってかえろう。
 手づくりのシフォンケーキを貰ったので、ちょっとガンバロウ。

 さて、今日の話題は、先日の食卓での会話から。

 子供の夢はころころ変わるものですね。
今度は、漫画家から歌手志望になったことが判明しました。

 ここでショートコーチング。
 「お!歌手になるらしいね!ちょっと聞かせて!」と興味を表現。
 「歌手になるには、どんなことをすればいいと思う?」と聞くと、

 「うーん」とちょっと考えて・・。

 「詩を書く」
 「字がたくさん読めるようになる」
 「国語をちゃんとやる」
 「本をたくさん読む」
 「映画をたくさん見る」
 「それから、楽器も出来るようになったほうがいいね。」
 「なんか選んで練習したほうがいいかも。」
 「それから、音程が取れるように訓練する。」

 と、息もつかせずのマシンガントークで、歌手になるために必要なことが発表されました。
私は、こんなに考えているとは思っていなかったので、唖然としてとても驚きました。

 「何からはじめるの?」と聞くと

 「とりあえずは本をたくさん読むのを続けようかな」とのお答え。

 「今、いろいろ話してみて何か気づいたことはある?」と私。

 「うーん。歌手もいろいろ大変だなって思った。」 ですと(ガクッ)。

 なんだか、また近々将来の目標は変わりそうな予感がしましたが、こうやって子供のことに興味を持って聞くというコミュニケーションはいいものだなと感じました。

 これから多感な思春期を迎える子供です。出来る限り、押し付けではなく興味を持ってコミュニケーションを続けよう、と妻と二人で話したのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/2-c48c16f6


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。