プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチ臼井優樹@yuzacです。

 昨日、コーチングのセミナーに参加してきました。
 無料セミナーということもあってか、非常に多くの方が参加され、その熱意に圧倒されました。

 コーチ型マネジャーについて語る本題とは違う部分で、私にとって大きな収穫がありました。まさにセレンディピティですね。

 上司が自分の360度評価を部下に依頼する際、部下は上司についてのある項目を評価し、フィードバックすることになります。

 例えば、「コミュニケーションが良く取れているか」という項目だとすると、部下は、

・話をする際に目線を合わせていない
・パソコンを打つ手を休めて向き合っていない

 などのフィードバックを返すことになります。

 これは、一見、上司のためのフィードバックですが、もう一つの副産物がありそうなのです。

 それは、上司を評価しフィードバックした内容について、部下が自分でもきちんと守るということ。上記の例で言えば、評価した部下自身が、話をする際には目線をあわせ、パソコンを打つ手を止めてきちんと向き合う、と言うことです。

 なるほど!

 私もコーチであると同時に、上司でもあります。17人の従業員もいます。

 これは使える!と思いました。

 直してもらいたい習慣や、行動について、私の評価と改善を目的としてフィードバックしてもらうことにしました。まずは、挨拶についての評価を集めたいと思います。

○●○ 今日の一言 ○●○
『チャンスは準備された心にやってくる!』
(A Chance Comes Over to a Prepared Mind)

 悩み、考え続けると、ふとした瞬間に、今必要な答えが提示されることがよくあります。今回もそれを強く感じました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/21-5d9319a2


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。