プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチ臼井優樹@Yuzacです。

 今日は、気になっているけれど、実行できていないことについて、確実な行動を支援するスキルのご紹介です。

 仕事をする上で、優先度と重要度の両方を考えて、重要かつ優先の仕事から始めることが多いかと思います。

 その逆で、重要度も優先度も低い仕事は、机の脇の方に積まれている方も多いのではないでしょうか。

 次から次へ、新しく『重要かつ優先』の仕事が入ってきて、重要度も優先度も低い仕事は忘れちゃう。

 そのうち、優先度が低かったはずの仕事は、締め切りを過ぎて・・。いつしか『最優先かつ超重要』にスクスクと成長していてまぁ大変。

 こんな経験は誰にでもあるものです。

 今回の実用例は、会社からコーチングセッションの電話をかけていただいているクライアントさんの場合です。参考になればうれしいです。

コーチ(以下コ):〇〇さん。面倒でなかなか手をつけていないことは何ですか?

クライアント(以下ク):□□の書類を探してお客様にメールすることです。

コ:それはどのくらい大切なことですか?

ク:お客様に頼まれた書類ですが、急ぎではないです。でも忘れると大変なことではありますね。

コ:それはどのくらいの時間がかかりそうですか?

ク:速ければ10分ぐらいです。

コ:それでは、今、それに取り掛かるのはいかがですか?

ク:え!今ですか?そうですね。やってみましょうか。

 しばらくして

ク:終わりました!

コ:やってみた感想を聞かせて下さい。

ク:書類を探して、スキャンしてメールしたんですが、やってみるとそんなに面倒じゃなかったし、時間もそんなにかからなかったです!こういう仕事は、一日の終わりにまとめて片付けた方がよさそうですね。

 かかった時間は、なんと4分程度。こちらがセッションログを整理していたらあっと言う間でした。

 しかも、とてもすっきりとした明るい声のトーンになり、「すぐにやればよかった!」なんて感想もいただきました。

 このスキルは、サンドイッチ。ブックエンドともいいます。

 クライアントさんの行動をコーチングではさむので、こう呼ばれている様です。

○●○ 今日の一言 ○●○

『今すぐ行動しましょう!の提案がクライアントを救うこともある』

今回の事例も、書類を送るのを忘れてしまったら、きっと後で大事になったことでしょう。
即実行の提案をすることで、1)確実な実行を促す、と同時に、2)取り組んでしまえばすぐに終わることは、時間を決めてやってしまう習慣を身につけていただく、ということが可能かもしれません。
どちらも重要なコーチの役割だと感じています。

みなさんは、簡単な仕事がたまっていませんか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/38-971cc068


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。