プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験させてみる

コーチ臼井優樹@ユザックです。

のこぎり、かなづちなど、道具に親しむことも、子ども達が通る道ですね。

危ないと言って体験させないと、いざと言う時、対応ができません。

学校でも習うこともあると思いますが、多くの生徒を少ない先生で指導する授業より、きちんと目の届く範囲で、工作に挑戦させてみることで、いろいろなことに挑戦させてあげることができそうです。

また、子供たちにとっては、制限の少ない自由な工作は、体験する機会が少なく、創造性や、道具の扱い方など、多くの学びになると思います。

ここでは、まず、自由に道具を使わせてみて、困った時に、まず考えを聞いた後にアドバイスをするようにしてみました。

子:このくぎが曲がっちゃって、変だから抜きたいんだけど・・。
父:どんな道具を使うといいかな?

子:ここかな?(かなづちの裏側を指差す。)
父:使ってみようか?

体験で学ぶ

子:こうかな?こうか?あ!こうだ!(向きが違う)
父:やってみな。

子:あれ、抜けないね。
父:おしい感じだね!もう一工夫してみたら。

子:こっち向きかな?
父:お!いい感じ!

子:でも難しいな。

(中略)

父:じゃあ一回やってみるね。
子:そうか、なるほど。やってみる。(きちんと釘が抜けました!)

父:どうだった?
子:こっちの向きのほうが軽く抜けた!(てこが効いていました)

一人始めると、みんなやりたくなるもので、一緒に学ぶといういい連鎖が起こっていました。

体験で学ぶ


途中、手を打ったり、擦り傷を作ったりと、ちょっと痛い体験もありましたが、楽しい夏休みの一コマとして印象に残るとうれしいですね。

○●○ 今日の一言 ○●○

『体験させてみよう!自由な体験を通して楽しみながら考えよう!』

体験させ、自分で気づくのを待つということは、こちらも我慢のいる方法ですが、楽しく自分の知識にしてもらえたようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/43-d8d0b8aa


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。