プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチ臼井優樹@yuzacです。

昨年から大学院生のキャリアコーチングを担当する機会をいただいています。
おかげさまで好評のため、今年も継続しているのですが、その中での気づきを書いてみたいと思います。

大学院生は、修士課程、博士課程と進学するたびに研究の専門性が高くなります。

同時に、このまま研究を進め、アカデミックな研究者を目指すか、企業での研究者になるか、もしくはその他の道を探すのか迷う場面が出てきます。

専門性を活かすことにこだわり過ぎて、職につけないこともあるのが現実なのです。

キャリアコーチングのセッションでは、脳適性検査の結果と自由記述文のアンケートを可視化した資料を用いながら、対話をし、気づきを促します。

自分の新たな可能性に気づく人、自分の希望する進路を貫く決意をする人なと様々です。

その中でも、明るくスッキリした笑顔で席を立つことができる人の共通点に気づくことができました。

その共通点とは、「自分の価値軸に気づいた」もしくは、「価値観を再確認できた」ということです。

自分の行動や意思決定に大きな影響を与える価値観が明確になったことで、「この研究をしているのだから、就職はこの業種、職種しかない」という決め付けから開放され、価値観を満たせる業種、職種を探す意欲も芽生えてくるようです。

これまで考えていた進路のまま変更しないことを選択することについても、価値観を見つめて、一度視野を広げてから、再決定する過程を経ることで、確固としたものになるようです。

このすがすがしい取り組みに、今後も関われることをうれしく思います!

○●○ 今日の一言 ○●○

『価値軸を明確にして、価値観に合った進路を探そう!』

就職に限らず、転職にも大切なことだと感じています。細部の希望条件が合わなくても、価値軸を優先することで、ストレスの少ない毎日が送れるかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/47-526b536a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。