プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーチ臼井優樹@ユザックです。

 こんにちは。つくばのエキスポセンターで書いています。

 先ほど、宇宙ステーションのドッキングシュミレータを、子供を差し置いてやってみました。空気を読めない感じで、なんと最短タイムをたたき出してしまいました。でもうれしい!

 さて、私がサイエンス好きなのもあって、よく科学館には来るのですが、あんなにプリントを嫌がる子供たちも、ここではいきいきとしています。

 みんな押し付けの勉強は嫌いです。自分の興味を刺激することは、楽しんで考えています。大人も子供も一緒ですね。押し付けでなく、自分で気づくこと、自分で選択することが、自分を動かす一番の力になります。

 何気なく展示物をながめ、子供たちが体験している姿を見ていると、

 「ほんとに理解してるのかな?」とちょっと心配になりました。

 そこで、ちょっと質問することにしました。

 「この小さな発泡スチロールは、どうしてこんな形になるのかな?」と私。

 「これはね!音が空気の振動だから、発泡スチロールをならべるの。」と娘。

 「音程の調整ができそうだけど、音程が変わるとどうなるの?」とまた質問。

 「なんか並ぶ形が変わるよ!」
 「音を低くするとなんだか広くなるみたい。」
 「なんか音程によって決まるみたいね。」 とうれしそうに答える娘。

 思った以上に子供達は理解している様子です。先に説明しなくて良かったとホッとしました。おそらく、子供達も、体験を言葉にすることで、理解を深めています。親に先に説明されたら、感動も理解も半減したでしょう。

 ただ体験させるだけでも学びはあると思いますが、体験直後や体験中に、是非、質問してみてください。子供達の理解を深めるのには絶好のチャンスになりそうです!

 コツは「どうしてそうなるのかな?知ってること教えてくれる?」と聞いてみることにありそうですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/7-64359cb3


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。