プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ストレスと上手につきあう10のコツ】
2 『意義ある仕事だ』と思い込む!価値を見つけてみる


こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 苦手な仕事をかかえている場合、その仕事が得意な人を探して、お願いしてみよう!ということについて、前回のコラムでご紹介しました。

 しかぁし!

 いろいろな都合で、苦手な分野の仕事を人にお願いすることが難しい場合、どうしても避けられない場合もあります。
残念ながら・・。

 そんな時には、思い切ってその仕事が自分にとって大切であり、価値ある仕事だと思えるまで、意義や価値を探してみましょう。

 多くのアイデアを求められて苦痛を感じる場合でも、「自分の視野を広げるチャンス」と捉えたり、地道な作業を求められる場合、「忍耐力を鍛えるチャンス」ととらえなおして、前向きに取り組んでしまいましょう。


多くのアイデアを求められて苦痛 
        → ''自分の視野を広げるチャンス''
地道な作業を求められてイライラ 
        → ''忍耐力を鍛えるチャンス''


 マイナスな印象の部分をプラスに置き換えて価値を認めることで、その仕事に取り組むことによるストレスは大きく軽減されます。

 仕事には、その仕事に取り組む意味づけが必要なのです。

 特に自分にとってどんな意味を持ち、どう成長に役立つのかを見つけることができれば、多くの仕事は学びの場に変わります。

 「イヤな仕事、でもどうしても避けられない」そんな時は、是非、その仕事に正面から向き合っていただければと思います。

 いつか必ずその仕事に取り組んだ経験が役に立つときが来ます。
 必ず来ます。




○●○今日のポイント○●○


「イヤな仕事!逃げられないのなら『意義ある仕事』と思い込もう!」

 自分の成長のチャンス、スキル向上の機会、誰かのお役に立つ、世界を救う!!などなど、自分自身が納得できる意義や価値を見つけて取り組んでみましょう。

 今、あなたのちょっとイヤな仕事を思い浮かべると、どんな意義・価値を発見できますか?
いくつ発見できますか?

 そしてどんな想いで取り組むことにしますか?




○●○ わからず屋さんの取扱説明書 臼井優樹 著 ○●○

 おかげさまで、本が出版されました。

 身近な「わからず屋さん」に悩む方へのヒントが満載です!

 理解不能な「わからず屋さん」ですが、コミュニケーションのツボを抑えれば、彼(彼女)とのお付き合いはずっと楽になります。

 もしかしたら、あなたの優れたパートナーになるかも
知れません!

 少しでもみなさんの「人間関係の改善」のヒントになれば
うれしいです!

 著者:臼井優樹
 出版社:毎日コミュニケーションズ
 価格:¥819(税込)

 お求めはこちらからどうぞ!⇒ 『わからず屋さんの取扱説明書』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/72-8ef6027c


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。