プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 これまで多くの理想的なリーダーにお会いし、刺激を受け、お手本とさせていただいていますが、最も尊敬し、私のリーダーシップのモデルとなっている方について、ご紹介します。

 私が入社5年目の秋、お取引先との問題に直面し、大変な忙しさの中で悶々としていました。

 これではいけないと思い、知識不足も否めない中、つたない提案書を作っては、会議で発表し議論する機会をいただいていました。

 その当時の事業部長は、若造の意見と一蹴するのではなく、真摯に向き合い、真剣に議論をしてくれました。

 会議が終わってからも、食事に誘っていただき、納得いくまで話を聞いてくれました。

 そんな日々が、長い間続いていました。

 提案自体は、たいしたことでもなく、実現したのは1つか2つでしたが、私にとってはとても充実した時間であったことは間違いありません。

 なにより、事業部長が忙しい職務の中、時間をさいて、私の話を聞き、意見を交わしてくれたことが、何よりの喜びとなっていました。

 私の中で、事業部長の役に立ちたいと言う思いが大きくなり、提案以外の日常の業務にも気合が入って、精力的に飛び回る日々となりました。

 おかげで、あまりお取引きの無かったお客様との商談も少しずつ増え、充実感は益々大きくなっていきました。

 事業部長は、若い社員である私に、ご自身の時間を費やすことを惜しまず、きちんと向き合ってくれました。

 多忙を極める中、ご自身の時間を削り、与えていただいたことを、今でも感謝しています。




○●○今日のポイント○●○


「部下のために費やす時間が信頼をもたらす」 

その後、私にも仕事の仲間が増えました。家庭も持ち、夫として、父としての役割も増えました。

 今、私は、私を慕ってくれる仲間達に会って、話を聞き、笑い、想いを共有することに時間を費やすことを惜しまず、生活することを心がけています。

 みなさんは、自分の時間をどう活用していますか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/82-726e32e6


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。