プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

成果を上げるリーダーの部下は、やる気にあふれています。
リーダーが個人の業務にどんなに能力があっても、チームとして成果を出していくのは難しい。

チームとして成果を出すには、部下を鼓舞する能力が不可欠です。

ゼネラルエレクトリック前CEOのジャック・ウェルチ氏は、同社のマネージャー達にこう語っています。




あなた方が業務でどれほど優れていようと、他の社員をエナジャイズできない限り、ゼネラルエレクトリックではリーダーとして優れていることにはなりません。




優れたリーダーは、自分に課せられた業務の遂行能力のみならず、部下をエナジャイズする、すなわちエネルギーを与え、職務を遂行させる能力が必要です。

具体的にはどうするのか。

今回は、「期待を伝える」を紹介します。

 ・この企画は、君の分析力が鍵になる。
 ・○○さん、今年は売り上げ成績No.1を狙ってください!
 ・今でも優秀な君が、このスキルを身につけたら、会社は絶対離さないね!
 ・他の人が失敗しないための枠組みを作れるのは君しかいない。


など、優れたリーダーは、期待を伝えることで、やる気を引き出しています。

特に、部下の予想を超えた上司からの期待がこめられている場合、部下は、自分の可能性の広がりを感じることができます。

誰でも、思った以上の自分の可能性に気づけばうれしいものです。
まさに鼓舞され、やる気が出そうです。

ただし、新たな可能性をリーダーが提示するには、リーダーの洞察力と、部下への信頼が必要不可欠です。

無理難題を提示すれば、プレッシャーとなるだけでなく、不適格であることを自覚させるための策略と取られかねません。

リーダーが部下の能力、仕事に取り組む姿勢などを見つめて、部下が受け入れることのできる期待を示したいものです。

また、部下への信頼なくして、期待の提示は難しいでしょう。信頼もしていないのに、やることだけを期待されては、部下は尊重されていると感じることはなく、部品として扱われていると感じます。

心からの信頼を持って、期待を示しましょう。

部下のいきいきとした仕事への取り組みが、仕事の成果を左右します。優れたリーダーは、部下のやる気を引き出し、いきいきと行動できるようにうまく期待を伝えているようです。




○●○ 今日のポイント ○●○


「部下の想像を超える期待を伝えよう!優れたリーダーはやる気を引き出す!」

私も、尊敬するリーダーに「世の中の孤独なリーダーが臼井さんの支えを待っていますよ。」と期待を示していただき、感動して全身がふるえ、やる気とエネルギーが溢れてくるのを感じたことがあります。

今もその言葉が力を与えてくれます。

みなさんは、部下にどんな期待を伝えますか?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/84-d6554595


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。