プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

以前の上司で、ご自身の家庭のうれしかったことをたくさん聞かせてくれる方がいました。

「先週、孫が生まれたんだ!」
「息子が明日帰ってくるから、部屋を片付けないと。」
「久しぶりにパチンコに言ったら勝っちゃった!」
「週末は自分が家で調理するんだ。結構うまいんだよ。」


などなど。自慢にならない程度の絶妙な話題を提供してくれました。

私たち部下はその上司に対して、

「飾らない、気さくな上司」
「人間的魅力がある上司」
「頼まれると断れない上司(嫌な感じではない)」
と感じていました。

どうしてそう感じるのか、さらに考えてみると、

「私たちに親しみを持って話してくれる」
「私たちを仲間と認めてくれている」


と、捉えていることがわかりました。

自分の内面やプライベートなことを人に伝えることを自己開示といいますが、この自己開示があることによって、私たちは上司への親しみを感じ、距離感が縮まっていることに気づきました。

そして、その上司の影響力の源になっていることも感じています。

そういえば、ほぼ仕事上のお付き合いだけで、内面までは良く知らない上司に対しては、距離感を感じます。

いろんな意味で、自分への影響力も少ないでしょう。

ただし、なんでも自己開示すればいいわけではないという研究結果もあるようです。

よく「あなただから話すけど・・。」といった場面に遭遇します。
こういった場合、聞き手は少なからず「迷惑さ」も感じているというのです。

言われてみれば、「あなただから話すけど・・。」と言われた場合、これから開示される内容が「秘密」であることを意味します。

そして、その「秘密」は守り続けなければいけないことを暗黙のうちに強制されることになるのです。

そして、その内容が残念なお知らせだったり、不幸なことであればなおさら自分の心の内にとどめておかなければいけないことが重荷になるでしょう。

自己開示の際には、できれば、良い内容で多くのみなさんと共有できるような話題を選ぶことが大切です。

そうすることで、周りの人との精神的な距離感が縮まり、いざというリーダーシップを必要とする場面で、きっと活きることでしょう。



○●○ 今日のポイント ○●○


『自己開示で部下との距離感を縮めよう!』

小さな弱みの開示も時には有効です。ただし、ネガティブな話題の時は、ちょっとした悩み程度に抑えましょう。話題の中心は、うれしいことや、よかったことにできるといいですね。

あなたは、部下にどんなあなたを伝えてみますか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/86-f826d4d8


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。