プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前にもこの「期待を伝える」ということについて取り上げていますが、今回は、つい先日の私の体験から、この効果について再認識したので、お伝えしたいと思います!


「臼井コーチ!早くそのツールを作ってください!使いたいです!」

先日、日本コーチ協会の埼玉チャプターで可視化情報を活用したコーチングについて講演する機会をいただきました。

その時の出席者のみなさんから直接いただいた言葉です。また、アンケートにも同様の期待が寄せられていました。


なんといううれしい承認、そしてなんという期待、裏返せばなんというプレッシャー!

「あなたの提案したツールが完成すると、これまで対話中心だったコーチングではなかなか機能しなかった人にも、コーチングが可能になるかもしれません。期待しています!」


この出来事は、私にとって大きな励みになると同時に、期待の大きさ、責任の大きさ、貢献できる可能性の大きさを感じさせてくれました。

今回、この言葉をくれた多くの方々からあらためて学んだことは、相手にとって、ちょっと大変なことでも期待を込めて本気でリクエストすることが、相手を動かすのだということ。エネルギーを与え
るのだと言うこと。

部下をお持ちのみなさん。またご家庭でもいいでしょう。
是非、期待を込めてリクエストしてください。

「今度のプロジェクト!あなたから素晴らしいアイデアが出ることを期待しています!」
「この案件、君ならまとめられる。」
「その商品、世界の困っている人の役に立つ商品に育ててください!」

大きな期待とそれを支える信頼、そしてそれを伝えるリクエスト。
言葉が大切な贈り物になる瞬間です。




○●○ 今日のポイント ○●○


『信頼と期待を込めたリクエストは人を動かすエネルギーになる』

会社でもご家庭でも結構です。是非、期待を込めたリクエストをしてみて下さい。

期待を込めたリクエストは贈り物。
あなたは、誰にどんなリクエストをしてみますか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/87-0e2d75c4


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。