プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ヴィジョン』を辞書で引けば「将来の構想。展望。また、将来を見通す力。洞察力。」とあります。

部下は、自分が何を成し遂げればいいのか、どういう方向に向かえばいいのか、リーダーであるあなたが、ヴィジョンを指し示すことを待っています。

そのヴィジョンが、使命(ミッション)を明らかにし、具体的な行動(アクション)を生みます。全てはヴィジョンから始まります。

しかし、そのヴィジョンはどこから来るのでしょう。

リーダーにとってヴィジョンは、人から与えられるものでは有りません。
過去の豊かな経験に基づいて、将来に向けての可能性を示すものだと言えるでしょう。

そして、壮大なヴィジョンは、賛同者を集め、人をやる気にさせます。

優れたリーダーは、壮大なヴィジョンを持っているだけでなく、周囲に伝え、それを共有しています。

そして、忘れてはならないのが、人を支え、奉仕し、助ける精神がそこにあることです。

リーダーシップ開発の専門家で、コンサルタントのジョン・C・マクスウェルは、自身の著書の中で、コカ・コーラの社長だったロバート・ウッドラフのエピソードを紹介しています。




彼は会社が負担するコストを度外視して、世界中にいるすべてのアメリカ軍兵士に五セントでコカ・コーラを提供したいと考えた。

なんという大胆な目標だろうか。しかし、彼が心の中で見ていた大きなヴィジョンと比べるとたいしたことはなかった。

彼は自分が生きている間に、世界中全ての人々にコカ・コーラを味わってほしいと思ったのだ



とてつもなく大きなヴィジョンです。

それを聞いた部下たちは奮い立ったに違いありません。

もしそれが実現できたら、戦地にいる兵士への大きな応援となるでしょう。

祖国を思わせる飲み物を、過酷な敵地でも味わせてあげたいという想いがそこにこめられています。

前述の『人を支え、奉仕し、助ける精神』がそこにはあります。

いかに現地に届けるか、コストダウンはどうするか、味は?などなど、ヴィジョンに照らしてクリアしなければいけないことは山ほどあります。

しかし、周囲の人の情熱に火をつけ、動かしたのは紛れも無く、ヴィジョンがあってこそでしょう。

そして現在、その『ソウルドリンク』と言っていい飲み物はアメリカだけでなく、世界中に広まっています。

壮大なヴィジョンがあってこその現在だと思えてなりません。




○●○ 今日のポイント ○●○



『壮大なヴィジョンが人を動かす』

部下がそのヴィジョンに、奉仕や貢献などの意味を見つけ情熱に火が付くようであれば、それは予想をはるかに超えた広がりを見せ始めるはずです。

あなたは、部下に壮大なヴィジョンを語っていますか?
もしかして、自分であきらめていませんか?

部下は待っています。
そしてあなたに期待しています。

力強く引っ張っていくだけがリーダーではありません。
ヴィジョンを指し示すことができれば、あなたはすでにリーダーです!

あなたはどんなヴィジョンを持っていますか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/89-1ecd260c


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。