プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 コーチ臼井優樹@Yuzacです。
子育てコーチング 漢字練習

 桜が満開の晴れ。風も少なく、私にとって最高にすごしやすい日です。夕方は、まだ冷え込むので、子供達も早めに帰って来ます。

  こんな日は、テレビもゲームも少しおあずけにして、みんなでちょっとお勉強です。

 今日は、漢字の練習でコーチング。

 まずは、 お手本を見ながら漢字を書いてもらいます。

親: 「お手本と比べてみてどう?」

子: 「ちょっとこの線が短い。あと曲がってる。」

親: 「次どうやって書く?」

子: 「まっすぐ、この線と同じぐらいまで長く書く。」 と言って一字書く娘。

親: 「ずっと良くなった!いいね。」 と承認すると、ちょっと嬉しそう。

<一連の流れ>
 1)現状である自分の字と、理想であるお手本との差をきちんと理解したことを確認しました。
 2)理想に近づく様に書くための方針、作戦を聞きました。
 3)そして次の一字を書きます。
 4)良くなった点と、「集中して書いた」などの実行した事実を承認しました。
 5)書いてみた感想と課題を聞きました。
 6)次に書くときの方針、作戦を聞きました。

 その後は、3)から6)を繰り返しています。

 次回以降、このやり方にお互いが慣れてきたら、この一連の流れを1サイクルだけやって、後はしばらく子供にまかせます。

 すると子供は、自分でこの一連の流れを回して行けるようになります。10分~15分経ったら、その場で良くなった(うまくなった)点と、実行した事実について承認しましょう。

 子供が漢字の練習をしている横で、妻は筆ペンの練習をしていました。自分の他にも 誰かが頑張っている姿を見ることは、子供にも大人にも励みになります。ナイスサポート!

 ありがとう。

 嬉しい夜の一時でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/9-91ae5305


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。