プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹(うすいまさき)です。

最近、
「臼井コーチはとてもアグレッシブに行動されていますね!」
という承認をいただきました。

普通であれば、問題なく
「ありがとう!承認されてうれしいです!」
ということになるのでしょうが、この時は少し受け取りにくかった
のです。

それはなぜか。

ちょうどその頃、自分の中ではやりたいことのアイデアが溢れていて、どれから手を着けていいかわからない状態になっていました。

自分としては、決してアグレッシブに行動できている状態ではないという認識があったため、素直に承認を受け取ることができなかったようです。

ここで、承認する際のポイントが見えてきます。

話し手が、相手に対して感じたことを「承認」として伝えても、相手の状態によっては、素直に受け取りにくい場合もある、ということ
なのです。

私の場合は、どんな承認なら素直に受け取ることができたので
しょうか。

「忙しい中で、それだけの行動ができたんですね!」
「○○や□□を実行したんですね!」


といった事実をそのまま伝えていただく程度の方が素直に受け取れたかもしれません。

相手が見ていてくれている。自分を気にかけてくれている。ということが伝わるだけで、とても安心感があり、次へのエネルギーがわいてきます!

このように、相手の気持ちの有り方や状態によっては、事実だけを伝えるという承認にとどめることも有効なようです。




○●○ 今日の一言 ○●○



『承認を受け取るのは聞き手。相手の状況によっては受け取りにくいこともある。』

承認する際には、相手の状態を良く考えて、時には事実を伝えるにとどめることも必要かもしれませんね。

p.s.もし、受け取りにくい承認をしてしまったら・・。

きっと聞き手は、
「う〜ん。そうでもないんだよね」
などと言葉を返してくれます。そこでまた、新しいコミュニケーションが生まれます。

その時、
「私(話し手)にとっては、すごいと思えたんです。」
と自分の目線ですごいと思ったこと、感心したことを再度伝えてみましょう。

『あなた(聞き手)は気づいていないけれど、すごいことをしているんだよ!』
という承認にもなります。

承認したい気持ちや、大切に思っていることが伝われば、悪い気はしないものです。

あなたは今日、誰を承認しますか?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/90-9e59632f


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。