プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パーソナルコーチ臼井優樹(うすいまさき)です。

図書館で調べものをしていた時のこと。

一時間ほどの空き時間だったため、集中して調べようと決意して図書館に行きました。

必要な文献を数冊手に取り、閲覧席へ。
静かな午後です。

しばらくすると、向かいの席に座っている女性が小さなあくび。
すると連鎖するように、左隣の男性が、声を出しながらの大あくび。

あたたかく、静かな午後ですから気持ちはわかります。

気合い充分で調べものをしている私でしたが、思いがけず大きな影響がありました。

なんだか、やる気が激減したのです!


またまた、向かいの女性があくびしています。

私もなんだかどんよりした気持ちになって、さらにやる気が下がるのを感じました。


これじゃいけない!

と思い直して、席を立ち、文献の貸出し手続きをして外に出ました。

その後、近くの喫茶店で作業を続けることで、なんとかやる気を維持しました。

きっとこの他にも、やる気をそぐ行動はあるのではと思い考えてみると、

・舌打ち
・ため息
・声を出してのあくび
・近くでの居眠り
・大声で話す悪口
・だらだら歩いている姿を見る

など、見たり聞いたりするだけで、やる気を激減させる行動があります。

本人にその意識が無くても、自分を奮起させて仕事に臨んでいる人にとっては、迷惑なことも。

事例は図書館での出来事でしたが、リーダーにとって、これは他人事ではありません。

とはいっても、こんなやる気をそぐような行動をしているリーダーに限って、

「モチベーションを上げるにはどうすれば良いか」
「最近は、部下のやる気が無くて困る」

などと言っていることも少なくありません。

まずは、自分の振る舞いを鏡に映して見るつもりで見つめてみましょう。
どうしても、自分では気付けない人は、同僚に聞いてみるのもいいかもしれません。

みなさんは、職場でやる気をそぐような行動をしていませんか?




○●○ 今日のポイント ○●○



『やる気を激減させる何気無い行動に気をつけよう!』

部下や同僚を鼓舞すること、モチベーションの高揚に努めることは、とても大切なことです。

そして、そのモチベーションをいかに継続してもらい、集中力の満ちた状態で仕事をしてもらうかに、仕事の成果、アウトプットは大きく関わます。

ほんの少しの配慮で、モチベーションダウンを避けられるなら、やる気を激減させる行動に気をつけることは価値のあることかもしれません。

あなたは、やる気が激減する行動に心当たりはありませんか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuzac.blog70.fc2.com/tb.php/91-df98d357


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。