プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラっとする瞬間

コーチ臼井優樹@ユザックです。

 修行が足りないなぁと思うこと。たくさんありますね。

 特に「イラっとする瞬間」を経験すると、そう思います。

 最近感じた「イラっと」は、自転車の一時停止無視です。危ないですよね。
全く一時停止する気配も無く、道路を横切っていく人を見てイラっときてしまいました。

 もし事故をしてしまったら大変です。自動車を運転しているこちらの責任が問われます。
責任だけでなく、事故をして人を傷つけてしまったという心の重荷も背負うことになります。

 私の場合、運転中にイラっとすると、その後の運転にも響いて注意が散漫になることがあります。

 すぐに気持ちを切り替えて、別な事故を起こさないようにしないといけません。

 一時停止を守らない自転車との事故を起こさない様に、車を運転する側も徐行などの注意をしないといけませんね。イラっとしても事故の防止にはつながりません。

 みなさんも車を運転する際には、住宅地の危なそうな交差点は、気をつけてくださいね。

 それから、電車から降りる際に、降りる人を待たずに乗ってくる人がいますね。
 これもイラっときます。待って欲しいなと思います。

 イラっときたところで、何も変わらないので、先を譲る気持ちを持つように振舞っては見ますが、まだ修行が足りず、イラっとしてしまいます。

 みなさんは、イラっとする瞬間をどうコントロールしていますか?

○●○ 今日の一言 ○●○

『イラっときても何も変わらない。譲ってしまえば余裕が生まれる!』

わかっていても、ついイラっときてしまう私ですが、譲る気持ちで穏やかに過ごせるといいなと思っています。
コーチ臼井優樹@ユザックです。

 また素晴らしい出会いを提供していただきました。

 体格のいい優しい笑顔の素敵な男性です。人との関わりをとても大切にしていることが伝わってきます。偉ぶらず、ゆったりとお話をされ、人への感謝の言葉をたくさん聞かせていただきました。人を惹き付ける魅力のある方です。

 ご自身の問題に対しては、厳しい発言もありましたが、人を責めるものではなく、前向きでした。

 是非、お役に立ちたいと思い、コーチングをお引き受けすることになりました。

 最近、人との接し方についての自分の理想系、モデルになるような人との出会いが続いています。本当にありがたいことです。

 理想をイメージするだけでなく、具体的に「あの方」のようになりたい、なろう!と思えることは、とても大切なことですね。

 振る舞いの細部までお手本に出来るため、理想に近づくスピードはかなり速くなるのではないでしょうか!

○●○ 今日の一言 ○●○

『理想のモデルを探そう!』

人との接し方、人の輪の広げ方としてのモデル、経営者としてモデル、父親としてのモデル、理想の上司としてのモデルなど、多くのモデルが身近にいることは、とてもありがたいことです。将来、自分もモデルになれる日が来るように精進します。まぁしばらくは難しいかな。
コーチ臼井優樹@yuzacです。

 以前、朝のテレビで紹介していた小さな囲み記事。

 きちんとした記事を読みたいと思って探したのですが探せず、投稿が遅れていました。是非紹介したいので、「もう書いてしまえ!」と思って書いています!

 それは、イギリスで夫婦生活80年を迎えた夫妻の紹介記事でした。

 夫婦生活を長く続ける秘訣について

「意見の食い違いがあっても、寝る前にはきちんと話し合って、理解してから休むこと」といった内容でした。

 相手の意見を聞き、自分との違いを知り、理解し、尊重し、認め、選んでよかった、いてくれてよかったと実感しながら休む。

 健康的ですね!お互いの存在承認は素晴らしい!とても安定した日々を送れそうです。

○●○ 今日の一言 ○●○

 『お互いを認めるための会話を持とう!』

傷口が広がる前に、毎日修復する。お互いがそのつもりで過ごす。素晴らしい毎日ですね。
相互承認をするつもりで会話をすると、理解が深まり、けんか腰にはならなくなります。これおすすめです!うちもそう。(私がけんか腰でなくなりました。家内は前から大人なので。)
コーチ臼井優樹@ユザックです。

こんにちは。ようやく回復しました。励ましのメールなど、ありがとうございました。みなさんには大変ご心配をおかけしました。

久しぶりに寝込む風邪をひいてしまい、お仕事のキャンセルもお願いするなど、自営業者にあるまじき状態でした。情けない。

こんな時に大切にしていただいて、とても感謝しています。

子供たちが順番に風邪をひいていたので、気をつけてはいたのですが、甘かったぁ。みなさんも季節の変わり目ですので、ご注意下さい。

○●○ 今日の一言 ○●○
『体調がおかしいと思ったら、すぐにバランスについて考える』

仕事に偏っていませんか?
家族とのふれあいはどうですか?
運動を心がけていますか?
早く寝ていますか?
栄養バランスも大丈夫ですか?

私は、睡眠と仕事偏重でした。ふれあいも少なかったかな?バランスに気をつけながら、お客様に急なご迷惑のかからないようにしていきますね。みなさんも気をつけて!
コーチ臼井優樹@ユザックです。

 こんにちは。先日、報道のプロフェッショナルと仕事をする機会に恵まれました。それぞれ、担当業務は違うのですが、みなさん一貫して「どうしたらきちんと伝わるか」に集中していました。

 何が伝えたいことなのか。複雑さは無いか。情報が多すぎないか。音声、光の量、物の配置、伝わりやすい言葉など、誰もが「伝わりやすさ」を考えていました。どうしたら理解しやすいか、受け止めやすいか、伝わりやすいか・・。

 我々コーチも、みなさんの前で話す機会をいただくことが多い職業です。いつも、セミナーや研修の前では決まって悩みます。

 「情報量は多い方がいいのではないか。」・・・そうだ!あれも紹介しよう!
 「これだけでは情報量が少ないかもしれない。」・・・なんか足そうかな?
 「でもこれでは多すぎて伝わりづらいかなぁ。」・・・減らすっていってもどれを減らす?

 「できるだけ多くの内容を持って帰ってもらおうという想い」 と、
 「詰め込みすぎて焦点がぼやけないようにしようという想い」 の葛藤があります。

 今回は、報道のプロフェッショナルとの仕事から、本気で「伝える」という意識の高さと、本質に焦点をあてることの重要性を学びました。

 早速、次のセミナーから、「より伝わるためには」と言う意識を高めて望みます!

 具体的には、まず、プログラム(目次)を更に工夫して、話題ごとに「伝えたい内容」に焦点をあてたサブタイトルをつけることから始めます。

○●○ 今日の一言 ○●○
『「伝わる」を意識したコミュニケーションが大切!』

 きちんと伝わるためには、情報を絞り込むことも大切。受け取めやすい情報の形を一緒に考えていきましょう。みなさんはどうしていますか?

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。