プロフィール

コーチ優樹

Author:コーチ優樹
 仕事だけでなく、プライベートでもコーチングは活用できます!身近な人を対象としたコーチングも、機能するコツがありそう!そんなチャレンジからの気づきも書いていきます。一緒にコーチングを楽しみましょう!

略歴)
 大学卒業後、大手繊維メーカーにて、新規事業推進、マーケティングを担当。継続的な学習の必要性を感じ、一念発起して、2000年より、筑波大学大学院にて、発想支援法を中心に学ぶ(経営学修士)。卒業後、さらにコーチングについて本格的に学び、社内コーチを経て株式会社ユザック入社。サポート事業部門を設立し、EQ診断、脳適正分析、発想支援法を活用したマネージャー研修、コーチングを展開。現在は、対話力を活かしたテレマーケティング会社も運営中。


最近のコメント


最近のトラックバック


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 みなさんは、声の出し方、使い方に気をつけていますか?

 仕事がら、コーチとして電話などでセッションをする際に、情報のやり取りは声のみとなります。

 必然的に相手の声に集中することになるため、私も声の出し方には、非常に注意を払っています。

 お相手となるクライアントのみなさんも、最近はとてもいい声で話される方が多く、私も心地よいセッションをすることができています。

 その度に、声は重要なコミュニケーションツールであり、声の出し方、使い方そのものがコミュニケーションスキルであると実感せずにはいられません。



その人の声には、その人の全人格が現れる。


 日本イメージコンサルタント協会理事長の徳田彌寿子さんは、ご自身の著書の中でこう言い切っています。

 ちょっとドキッとしましたが、確かに、声には、相手への配慮がたくさん詰まっていますね。

 ・聞き取りやすいか。
 ・大きすぎないか、小さすぎないか。
 ・速すぎないか、遅すぎないか。
 ・気分良く受け入れられるか。

 など、相手が受け取りやすいような発声を心がける必要がありそうです。

 まさに、相手のことを配慮できる人かどうかが試される瞬間なのです。

 自分勝手で、一方的な人は、速さも声の大きさも自分の尺度で判断し、相手や、場に応じた声になっていないかもしれません。

 そういう意味では、人柄が現われてしまうというのは当てはまるでしょう。

 聞き手は、話し手の声から自分への配慮を読み取ります。

 そして、聞き手が、「配慮されている」と感じることができれば、

・自分は受け入れられている
・大切にされている
・話し手は配慮ができる人である

 という印象が伝わります。

 逆に聞き手が、話しづらく、「配慮されていない」と感じてしまった場合、話し手の意図、意識に関わらず、

・自分は受け入れられていない
・大切にされていない
・話し手は、配慮ができず、勝手な人である

 というように伝わってしまいます。

 大切なことは、聞き手は、話し手の意図、意識に関わらず、ネガティブな印象を受けとってしまうということ。

 実際には、相手を大切に思う気持ちがあっても、伝わらないことがあるということです。それはもったいないことですね。

 そんな誤解を受けないように、声の出し方、使い方には十分意識されることをお勧めします!

 私も気をつけます。一緒に頑張りましょう。




○●○ 今日のポイント ○●○


『声から配慮が伝わる。ならば良い印象を伝えよう!』

 せっかく相手のことを思って話すのであれば、ネガティブな印象を与えるのは本意ではないと思います。声の出し方、使い方に意識を向けて、良い印象がのこるコミュニケーションを心がけましょう!

 みなさんは、何を意識して実践しますか?


※こちらも是非ご覧ください 臼井優樹ホームページ
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 先日、吹奏楽の演奏会のお手伝いに行ってきました。

 昨年まで楽団員として一緒に演奏させてもらっていたのですが、今年は練習日と仕事が重なることが多くて断念。

 裏方さんとしてお手伝いです。

 例年たくさんのお客様の来場があるのですが、今年も例年通り会場前からたくさんのお客様に来場いただき、熱気にあふれていました。

 さぁいよいよ開演です。緊張感のある中、後方で小さなお子さんが声をあげ、なごやかな滑り出しです。

 ピッコロ、フルートの軽やかな演奏に、合いの手を打つようにトランペットが続きます。

 ゆったりとした場面では、低音パートが雄大な風景を思わせる音色で演奏し、それにホルンが合わせます。

 さながら言葉の無い会話です。音の大きさを揃え、スピードを揃え、ひとつの楽曲を作り上げていきます。

 そんな時、それぞれの演奏者は、他の人がどんな演奏をしているのか、指揮者は何を伝えようとしているのか、意識的に考え、受信する必要があります。

 人の気持ち、人の考え、人の行動を、言葉以外の表現から、読み解くことが必要なのです。楽団員のみなさんはそれを日々訓練しています。

 理解し、共感し、寄り添う、といったコミュニケーションスキルそのものと言っていい訓練をしているのです。こんなスキルを無理なく日常のコミュニケーションで使えるとしたら、その人はとても魅力的にうつることでしょう。

 一方、人と合わせるだけが合奏ではありません。

 それぞれの楽器には、それぞれ期待される役割があります。

 必要な場面では、時には主役になることが大切になってきます。

 比較的シャイで奥ゆかしいといわれる日本人は、主役になることが苦手です。

 最近では「アサーティブネス」といった、正当な自己主張への注目も高まり、スキルアップを心がけた学習をする人も増えています。

 合奏においては、必要なときに役割に応じて、主役となり主張する必要があります。

 ひとつの楽曲を作り上げるためには不可欠な要素だからです。

 会社でも、社会でも、家庭でも、自分が期待される役割があります。
必要なときに、役割を果たすべく主役となり、正当な自己主張をすることは、円滑なコミュニケーションのためにも大切な要素です。

「いざというときに頼りになる」
「あの人が居るから安心だ」
「あの人は自分の役割をわかっている」
「あの人は言うときは言ってくれるよね」

 どれも魅力的ですね。こうありたいものです。


 合わせる能力と主役となる能力。場合に応じて使い分けるスキルが自然と身につく合奏は、趣味として、スキルアップの場として、とても価値ある楽しみのひとつと言えるでしょう。




○●○ 今日のポイント ○●○


『時には合わせ、時には主役になる。これができれば魅力は倍増!』

 合奏だけに限らず、チームプレーのスポーツなどにも、共通する部分はとても多いですね。みなさんも趣味や得意な分野を選んで、是非取り組んでいただきたいと思います。

 みなさんは、どんな場面で実践しますか?


※こちらも是非ご覧ください 臼井優樹ホームページ

こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 仕事が思わしくない時、せんさく好きの同僚に会って、根掘り葉掘り聞かれて大変な思いをしたことがあります。

 現状を根掘り葉掘り聞くだけに飽きたらず、問題点をあげつらい、ご丁寧に忠告まで。

 うまくいっていないことは、自分が一番良くわかっています。

 特に、自分の気持ちに問題があることがわかっていて、自分なりにこれからの改善策を決めていたり、行動するつもりだった場合、馬鹿にされたような印象を持つでしょう。

 人には、飛躍の前に、一瞬、停滞に見える準備期間が必要な時があります。そっとしておいて欲しい時があります。

 そんな時、必要以上のせんさくや、立ち入ったことまで聞かない配慮をしてもらえると、ますます信頼が高まり、本当に必要な時に相談を持ちかけてもらえる存在になるかもしれませんね。

 ビジネスにおいてのマネジメントスキルとしても大切ですが、地域社会や家庭のおいても、大切なコミュニケーションスキルのひとつと言えそうです。




○●○ 今日のポイント ○●○


『聞かない配慮も魅力のひとつ!』

 尊敬する私の以前の上司は、私が苦情処理で忙しい時、目が会うと黙ってうなずいてくれました。

 細かくせんさくされて指示されるより、何倍ものやる気をいただいたことを覚えています。

 みなさんは、どんな場面で実践しますか?


※こちらも是非ご覧ください 臼井優樹ホームページ
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

今日は、弱みを伝えることがもたらす魅力のお話です。

以前、プロコーチ達の勉強会で、自分の体験を話すという課題に取り組んだ時のエピソードをご紹介します。

お題は「コーチングを学んで得たこと」です。

3分の持ち時間を使って、参加者の皆さんの前で発表します。

原稿を読むのは禁止。しかも相手は全員プロコーチ。

研修講師の仕事をいただくことの多い私も、しばらくぶりに緊張しました。

そんな中、選んだ題材は、家族との関係の改善です。少しだけ概要をご紹介します。



以前の私は、お恥ずかしいことなのですが、家族の欠点が目に付けば痛烈に批判し、文句ばかり。

もちろん、家族との会話も減っていき、あまり居心地の良いものではありません。

会社でも正しいと思うことを正しいと言い切ることが多く、うとましく思われていた時期がありました。

そんな私が、コーチングを学ぶことで、きちんと話を最後まで聞く、先入観無く聞く、指示命令ではなく、気づきをうながすなど、対話の仕方に変化が生まれました。

すると、家族との対話も飛躍的に増え、居心地のいい家庭を取り戻すことができました。


といった内容です。

今でも恥ずかしい内容ですが、事実ですし本当の姿です。

この発表のあとの昼食の時間、うれしい言葉をいただきました。

「欠点というか過去に課題があったことを聞くことができて、より一層親近感が沸きました。」

「プライベートなことなので話すのに勇気が必要だったのではないですか?でも、あのお話から弱い部分も垣間見えて、人間的な魅力を感じましたよ。」

とのこと。

後日メールでも同様の言葉をいただいき、本当にありがたいと感じています。

こちらから弱い部分を見せたことで、聞き手のみなさんは、

「弱い部分を見せてくれた」
「信頼して話してくれた」

と感じ、距離感が一気に縮まったようです。

この自己開示性は、やはり魅力の一つと捉えていいようです。

勇気を持って自分の弱みもさらけ出すことができた結果、一歩進んだ人間関係が生まれたのではないかと実感したとてもいい経験です。



○●○ 今日のポイント ○●○


弱い部分も魅力の一部、さらけ出せば親近感を持ってもらえる!

心を許せる相手には、たまには、弱い部分を見せてもいいかもしれません。

みなさんは、どう実践しますか?

※こちらも是非ご覧ください 臼井優樹ホームページ
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

今日は定番!笑顔についてのお話です。


先日、映画を見に行った帰りに食事をしたレストランでのこと。

魅力溢れる笑顔で接客してくれる店員さんがいました。

笑顔が素敵だったので、人数と喫煙の有無を聞く簡単なコミュニケーションをかわしただけでうれしい気持ちになりました。

席に案内され、ふと見れば、お茶が人数分ない。間違えたようです。

足りない分をお願いすると、

「はい!失礼いたしました。すぐにお持ちいたします。」

と笑顔ですぐに対応してくれました。

お茶が人数分なかったのは店員さんのちょっとしたミスですが、笑顔で対応してくれたことで、プラスのイメージに変わり、さわやかな印象を私に与えてくれました。

食事を始めると、今度はお醤油が少ない。

近くにいた別の男性の店員さんに、「お醤油をお願いできますか」と声をかけると、

「はい。お持ちいたします。」

と言って、すぐに対応してくれました。

しかし残念なことに、笑顔ではありませんでした。

終始真顔です。

なるほど、醤油が少なかったのは、その男性店員さんのミスではありませんし、それほどたいしたことでもありません。

それでも食事をする私には残念に思えたのでした。

全ての店員さんが、最初の店員さんと同じような笑顔で接客することは難しいかもしれません。

それでも笑顔は大切!

これまでどんなコミュニケーションの講座や本でも紹介されつくしたことですが、改めて接した自分の気持ちの動きをじっくりと考えると、やはり大切!

笑顔でのコミュニケーションは、ちょっとしたミスを帳消しにするだけでなく、さわやかさとうれしさを同時に伝えることを再確認できました。

もちろんミスがなければ、さらに良い印象になっていたのかもしれません。

やはり、笑顔は魅力あるコミュニケーションに欠かせない素敵な要素のようです。




○●○ 今日のポイント ○●○


自然な笑顔で接しよう。定番!でも重要!

気持ちの切り替えが難しい時は、こんなことをしてみてはいかがでしょう。

まずはゆっくり深呼吸、ちょっと無理してでも笑顔をつくりながら、ほほえましい情景を思い描いたり、笑える失敗や楽しいことを思い出して、笑顔と気持ちが重なっていくことを確認する。

私も講演の前の緊張時や、忙しい時などに、これで随分助けてもらっています。

みなさんは、どう実践しますか?

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。